尖端娘商売
ホーム > 作品情報 > 映画「尖端娘商売」
メニュー

尖端娘商売

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「スパイ(1930)」「天下無敵」と同じくロイ・デル・ルースの監督作品で、原作はメルヴィル・クロスマン、脚色と台詞とは「スパイ(1930)」のアーサー・シーザー、撮影は「天下無敵」「恋の花園」のデヴラクス・ジェニングスがそれぞれ担任している。主要俳優は「ブロードウェイ黄金時代」「天下無敵」のウィニー・ライトナー、ミュージカル・コメディーの花形アイリーン・デルローイ、「女が第一」のジャック・ホワイティング、舞台喜劇俳優のチャールズ・バターウォース等で、「巴里よいとこ」のチャールズ・ジューデルス、アーサー・ホイト等が助演している。

ストーリー

歌譜売店の売り子をしている声自慢のフローとトッドとは流行衣裳店の主人のルメエルに付き合い過ぎるというので首にされたので、2人は鼻下長の金満家達をだまして金儲けをしようと相談した。あたかもルメエルが2人にマネキンになってくれと頼み、店の品物は使用自由の特権を与えられたのである。2人は目ぼしい衣裳装身具をトランクに詰めてハヴァナ行きの旅客船に乗り込んだ。2人は殆ど文無しだったが第一流ホテルの最上等の部屋を借りた。そして早速例の計画の実行に着手した。富豪という評判のスミスにフローが意図を繰ってドットが近づきになった。ところがこのスミスは金持ちのスミスでなく金持ちの令嬢をたらそうとしている色魔のスミスであった。そして迂闊にもドットを金満令嬢と信じたのである。ケンタッキーの競馬狂ジョーイ大佐というのが、ハヴァナの競馬に馬を携えてやって来たが、騎手が負傷してしまったのでフローが代わりの騎手となったが決勝点間近で黒猫がトラックを横切ったために負けてしまった。激怒したルメエルはニューヨークからやって来た。色魔スミスはルメエルにドットが百万長者の振りをしていると告げる。フローは弁解してドットは金持ちのスミスと結婚するという。ルメエルはそやつは偽物だというので2人はルメエルを部屋に閉じ込める。やっと本物の金持ちスミスが何の男だかを知った2人は頃合いを計って気絶の真似をする。スミスはドットを介抱し、フローもジョーイ大佐を仕留めることに成功したのである。そして例の「商売」はやめることを固く誓った。...

作品データ

原題 The Life of the Party
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi