千客万来(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「千客万来(1924)」
メニュー

千客万来(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アーロン・ホフマン氏作の舞喜劇に基づきジェームズ・ヤング氏とウィラード・マック氏とが脚色し、「ペルシャの暴君」等と同じくジェームズ・ヤング氏が監督したもので、主役は「バーバラ・フリッチ」等出演のフロレンス・チダー嬢で、「人生の濁流」等出演のロイド・ヒューズ氏、「悍馬は猛る」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢を始めノア・ビアリー氏、ドーア・デチッコスン氏、ウィリアム・V・モング氏等が助演している。

ストーリー

雑貨店を開くつもりでユダヤ人のソロモンはヴァリー・フォールスという古風な町にやってきたが市長を始め重立った人々は風来坊には店など出させないと排斥した。ただ一人ホテルの支配人クレムだけがソロモンとそれからメリーという他国人に親切にした。銀行家タイラーの息子ネッドはメリーに惚れ、ついでにソロモンにも自分の所有の古家を貸した。クレムは常々この町の電化を考えたのでメリーとソロモンに出資させ市長を買収して水力電気会社を起こした。クレムは市長をしてこの権利を公認せしめたが頑固な町の人々は尚も他国人を追い出そうとして探偵をしてメリーの前身をしらべさせると不名誉な事件に関係してることが分かった。クレムとソロモンもそのことに当惑した。しかし他の町の銀行に出資を契約してネッドが帰って来た。そうしてメリーが潔白であることと既にメリーは自分の妻であることを証明した。かくてこの町にも電燈が輝いた。そうしてソロモンもクレムもメリーも町の人々の賞賛と感謝とを受けた。...

作品データ

原題 Welcome Stranger
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi