赤熱の刻印
ホーム > 作品情報 > 映画「赤熱の刻印」
メニュー

赤熱の刻印

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

キャスリン・ニューリン・バートの原作を「光明の氷原」などを監督したレジナルド・バーカーが監督した人情活劇で、主役は「暗黒時代」などで主役を演じたバーバラ・キャッスルトンと、新進のジェームズ・カークウッドで、そのほか老練ラッセル・シンプソンやアルバート・ロスコーも出演する。

ストーリー

ピエール・ランディスという乱暴な牧童はジョアン・カーヴァーという娘と結婚したが、嫉妬と泥酔の結果前後を忘れて妻の美しい皮膚に自己の所有物なることを示す烙印を押した。彼女はある男に救われたが、その男にもてあそばれて憤り、その地を去ってニューヨークへ出る。ニューヨークへ来ても過去の影は常に彼女を悩ました。それは彼女が芝居を見に行った際である。かつて野獣のような夫から彼女を救った男の書いた劇が上演されていたので、しかもその劇はあの恐しい烙印の場面を見せたのである。彼女の夫であったランディスは改心して教養を積み今宵も観客の中に混じっていた。彼はジョアンの姿を見て深く先非を謝罪する。その誠意を認めてジョアンも快く彼を許し、相伴って思い出深き山へと帰って行く。...

作品データ

原題 The Branding Iron
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi