赤手空拳(1919)
ホーム > 作品情報 > 映画「赤手空拳(1919)」
メニュー

赤手空拳(1919)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィンダム・マーティンの原作をスティーブン・フォックスが脚色し、ヘンリー・キングが監督した人情喜劇で、主役はウィリアム・ラッセル、相手役は「短気ホツブス」と同じウィニフレッド・ウェストーヴァーである。

ストーリー

リチャード・チェスターは賭博に敗けて一文無しとなり、変装してフラフラと飛び込んだのが、丁度夫になる男が見つからないと莫大の遺産がもらえないというノーラ・エリスの室であった。ノーラは金を与えてチェスターに名ばかりの結婚を申し込む。彼はこれを承諾し、チェスター・ディックという偽名で式を挙げた。ノーラを恋するレンノールスは、彼女が自分の申し込みをしりぞけたのは名ばかりとはいえ夫があるためとは知らず、彼女が金持ちであるがためと誤解し、彼女の投資を全部失わせようと企むが、チェスターはこれの裏をかいてかえってレンノールスを破産させる。チェスターは変装していないのでノーラは彼女を自分の法律上の夫とは知らず、心に恋しながらもほかに名ばかりとはいえ夫があることを悲んでいた。レンノールスがチェスターは女の写真をポケットに入れているとノーラに告げたので、ノーラは彼の心を疑ったが、その写真はチェスターがノーラから嘗て結婚を頼まれた際彼女の室から持って来たものであることが分かり、恋していた男が夫であると知って、ノーラの喜びは絶頂に達した。...

作品データ

原題 All the Word to Nothing
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi