世界の寵児
ホーム > 作品情報 > 映画「世界の寵児」
メニュー

世界の寵児

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ブランシュ・メリル女史とポール・ショーフィールド氏とが合作した台本によって、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、「荒み行く女性」「動員日一下」等出演のベン・ライオン氏と「滅び行く民族」「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン嬢とが出演し「動員一下」「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィード嬢、ルシー・フォックス嬢、ウィルフレッド・ライテル氏等が助演している。

ストーリー

ジョン・ハートはある銀行支店の出納係で料理店の女給仕メエリー・ケリーと結婚しようとしている矢先、支配人の機嫌を損ねて首にされた上、貯金全部で彼には覚えのない行金の不足額を弁償させられた。そこで結婚も田園生活もおじゃんになった許りでなく、ジョンはメエリーとチョビ髭を生やせ生やさぬで喧嘩してしまった。メエリーは怒って下宿を引っ越し勤め先の料理店も他の店に鞍替えしたのでジョンは彼女を探し歩いてある日中央公園でバッタリ出逢った。彼は文無しになっていたがメエリーの同情金を拒み、遂に某映画プロダクションのエキストラに応募した。するとその日出勤しなかった色敵役にジョンが似ているというので本職に雇われることになった。監督と宣傳係と制作者は彼を利用すべく、先ずドン・ジュアン・ハルテスと名乗らせた。そして有名な妖婦女優ジルダ・ラブレイと結婚して其の翌日離婚した。新聞は早速其の記事を掲げた。かくてドン・ジュアンは続け様に七度結婚して七度離婚した。そして宣傳係は第八番目の妻を探した。しかしジョンは密かに度々メエリーと逢曳して彼女の了解を得ていたので遂に決心してこっそりメエリーと結婚し田園生活を始めた。血眼になって探し廻ったプロダクションの連中はメエリーに遭ったのでドン・ジョアンを見かけなかったかと尋ねた。メエリーは私達は活動見物には行かないから知りませんと答えた。...

スタッフ

監督
原作
ブランシュ・メリル
ポール・スコフィールド
撮影
アーネスト・ホーラー

作品データ

原題 Bluebeard's Seven Waves
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi