世界を敵として(1922)
ホーム > 作品情報 > 映画「世界を敵として(1922)」
メニュー

世界を敵として(1922)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ピーター・B・カインの小説家ら脚色したもので、監督はダグラス・フェアバンクスの「バグダッドの盗賊(1924)」を監督しているラウール・ウォルシュである。主役は「エヴァンジェリン(1919)」に主演したラウール・ウォルシュの娘ミリアム・クーパー、ラルフ・グレイヴスが相手役である。

ストーリー

父無し子を連れて帰って来たとてナンは村の人から侮られていた。幼友達のドナルドは彼女を愛していたが彼の父は2人の結婚に大反対であった。悲しい2人の恋が許されたのは、ドナルドの重病をナンが救って、秘密に結婚をし、子供が生まれた後の事であった。...

作品データ

原題 Kindred of the Dust
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi