西部の侠児
ホーム > 作品情報 > 映画「西部の侠児」
メニュー

西部の侠児

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

オー・ヘンリーの短編に現われるシスコ・キッドを主人公とする西部劇で、「モヒカン族の最後(1934)」の監督者フォード・ビーブがシナリオを書き、ダーウィン・アブラハムが監督した。「西部の挑戦」と同じくダンカン・レナルドとレオ・カリーロが主役を演じ製作も同じくフィリップ・N・クラスン。

ストーリー

通運会社の代理業者カル・ロスは仕事にかくれて悪事を働く男だったが、手下のシスコ・キッド(ダンカン・レナルド)と相棒パンチョ(レオ・キャリオ)を煙たがって、彼らを亡きものにしようとしていた。折しもこの2人組のニセ者が現われて駅馬車を襲い、本物の2人が容疑者として捕らえられた。カル・ロスは2人を牢から救け出し、一味の隠れ家に監禁したが2人は奇計をもって脱出、一味と壮絶な拳銃戦を展開してこれを倒した。...

作品データ

原題 The Cisco Kid The Girl from San Lorenzo
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 東宝

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi