西部討伐
ホーム > 作品情報 > 映画「西部討伐」
メニュー

西部討伐

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「曠原の荒武者」「突貫ミックス」等の主演者で西部劇の第一人者たるトム・ミックス氏のエフ・ビー・オー入社第1回作品で、ジョージ・W・パイパー氏が特に書卸した台本によりユージーン・フォード氏が監督した。助演者は「鑵詰行進曲」のシャロン・リン嬢、「掠奪軍」のリー・シャムウェイ氏を始め、フリッツィ・リッジウェイ嬢、デューク・リー氏等で、例の名馬トニーが活躍している。

ストーリー

米国西部開拓時代の一段階、電信が開通する以前で、ポニー・キエスプレスが唯一の通信機関であった頃の物語りである。ワサッチの町にケーンという悪漢が居て、山賊たちと共謀して、私利を計り、電信架設の公金を奪ったりなどして居たが、何分巧妙な手段を用いていたので、誰もケーシが首魁であることに気付かなかった。ワサッチ町の電線架設本部にはカルホーンという技師が主任になって工事を急いでいたが邪魔をされるので工事がなかなか進歩しなかった。駅伝騎手のトム・ハーディーはかねてからケーンが怪しいと睨んでいたが、ふとしたことからケーンの正体を突きとめた。ケーンは見破られたことを勘づきカルホーンの娘メリー・ジェーンを誘拐して高飛びしようとした。トムは急を駐屯軍に知らせるためにトニーを御して悪漢共の伏勢を突破し、遂に首尾よく大任を果してケーン一味を撃滅した。かくて西部の天地に平和の曙光が見え、開拓者たちは堵に安んじて住めるようになった。トムはメリー・ジェーンの愛を得て、幸福であった。...

キャスト

作品データ

原題 Son of the Golden West
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi