青春ジャズ大学
ホーム > 作品情報 > 映画「青春ジャズ大学」
メニュー

青春ジャズ大学

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

最近の「大学生活」物をずっと監督して来たナット・ロス氏の監督した同じくカレッジ生活を背景とした映画で、レナード・フィールズ氏の原作によりジョン・ピー・クライマー氏とピエール・クウデルク氏とが脚色したものである。出演者はこれも同じく「大学生活」物に初めから携っていた人々ばかりで、すなわちジョージ・ルュイス氏を初めとし、ドロシー・ガリヴァー嬢、エディ・フィリップ氏、チャーチル・ロス氏、ヘイドン・スティングス氏、等の一党である。キャメラは「曲者待った」「踊子フィリス」と同じくジョージ・ロビンス氏。擬音効果を沢山に取り入れたオール・トーキーによる映画である。

ストーリー

コールドウェル・カレッジでフットボールのキャプテンをしているエドワード「フラッシュ」ことトマスは女生徒ドロシー・メイに思いを寄せていたが、トロシーはかねてから同じくフットボール・ティームの1人であるポップ・ウィルスンと恋仲であった。が、トマスはポップの存在などは無視してドロシーを無理矢理に己れに引きつけようとしたけれどもドロシーはポップとの恋心が固く、到底己れの思いが達せられないと知るや、トマスは自暴半分も手伝って相校フットボールの試合の前夜というのにロードハウスに出かけて行って一騒ぎしていた。これを知ったポップはトマスが出場しなければ我母校の勝利がおぼつかないことを思い、ロードハウスに出かけて行って力づくでトマスを寄宿舎に引っ張って来た。で、ポップの心尽してトマスは厳しい監督の眼は脱れたものの、ポップ自身は試合前夜に遅くまでロードハウスなどに行っていたというのでティームから除籍された。ポップは母校のためと堪え難き恥辱を忍んだ。ドロシーはことの真相を知らぬのでポップの許から離れて行った。いよいよ試合が始まったが、トマスは肩腕のポップがいないので充分に働けない。試合の前半までのスコーアはコールドウェルの大敗であった。トマスは堪らなくなったので監督にことの次第を物語った。ポップと急遽呼び寄せられた。盛り返していたコールドウェル方はポップの参加によってますます乱気づいて来た。ついに試合はトマス、ポップ等の奮戦によってコールドウェルの勝利となった。ポップとドロシーとの恋が復活したことは言うまでもあるまい。...

作品データ

原題 College Love
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi