青春倶楽部(1930)
ホーム > 作品情報 > 映画「青春倶楽部(1930)」
メニュー

青春倶楽部(1930)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「恋愛行進曲」「青春の幻想」と同じくチャールズ・バディー・ロジャースとナンシー・キャロルが主演する映画で、B・G・デシルヴァ、リュー・ブラウン、レイ・ヘンダーソン三氏がローレンス・シュウォブと共作したミュージカル・コメディーに基づいて、シュウォブがパ社脚本部から監督者に昇進したロイド・コリガンと共同して脚色並びに監督したもの。助演者は原作舞台劇に出演したゼルマ・オニール、ジャック・ヘイリーを始め、「極楽島」満員「喰人島征服」のユージーン・パレット、「浮気天国」「ネバダ男」のセルマ・トッド、アルバート・グラン等で、カメラは「放浪の王者(1930)」「令嬢暴力団」のヘンリー・ジェラードがチャールズ・ボイルと共同担任した。

ストーリー

職業ゴルフ選手のジェリー・ダウンスは金持ちの若者ジャック・マーティンのゴルフ教師となり、相携えてミッション・カントリークラブへ赴いた。クラブのリンクではローラ・ムーアとルース・ヴァン・ホーンとがクラブ代表夫人選手権争奪戦をやったが惜しいところでローラの負けとなった。しかし彼女はジェリーに想いを寄せ、ジェリーは彼女をコーチしてやることになったので、負けたローラの方が勝ったルースからやきもちを焼かれる結果となった。ところがローラの親友アンジーが女嫌いのジャックに惚れたのでジャックは大恐慌を起こしてクラブ滞在を切り上げると言いだした。そうなると教師のジェリーも一緒に行かなければならないので、アンジーは自分のためにもローラのためにも、ジャック引き留め策を講じることとなり、ある晩ジャックと庭園で密会して不思議な媚薬入りの香水を用いてジャックに長期滞留を約束させた。ところが一方ルースはローラとジェリーの恋仲が急速に進展しつつあるのを見て憤懣の念禁じ難く、2人の仲を裂くためにジェリーを自分の別荘に1ヵ月間招待した。それはもちろんジャックの同意を得た上のことであったが、ローラはそのことを聞くとジェリーは自分を愛してはいないのだと信じた。それで仮装舞踏会の夜ローラは逆上してカクテールを暴飲して醜態を演じ、ルースに翻弄されたので翌日ゴルフ試合をやる約束をした。ルースはローラにもジェリーにもおのおのゴルフに夢中で恋愛なんかどうでもいいと思っていると、いい加減な告げ口をしたのでローラもジェリーも気を悪くした。ローラは試合では少しリードしていたがこの事で気が散って、決勝の芝生には対等で臨んだ。気をもんだアンジーはジャックをしてジェリーを説かせたので、ジェリーはローラを声援し彼女に勝利を得せしめた。アンジーとジャックとはさらに力添えをして、ローラとジェリーの仲を元に戻し、2組の新婚夫婦が出来上がった。...

作品データ

原題 Follow Thru
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi