青春来る(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「青春来る(1924)」
メニュー

青春来る(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アラン・アプデグラフ氏の小説を、ジョン・リンチ氏が脚色し「シャーロック・ホームズ(1922)」と同じくアルバート・パーカー氏が監督したもの。主役は「奮起の一戦」「大北の怪異」等と同じくアルフレッド・ラント氏で「奮起の一戦」出演のミミ・パルメリ嬢が相手役。「女から求婚すべきか?」という主題の喜劇である。

ストーリー

百貨店の番頭フランシス君は生来の美貌が仇か、会う女ごとに普通以上の好意を寄せられの少なからず迷惑していたが、アン・ウィルトンという美しい娘が、彼に近づいてきてとうとう彼に結婚を申し込む勇気を起こさせたが、アンは実際はフランシスを愛しているわけではなく、穴が不幸な結婚をしたのを見て、女だって男と同じに浮気をして悪いという法はないという持論を抱き、それを実行して見たまでのことなのであったから、フランシスは拒絶された。しかし世間に女は多い。下宿のかみさんを始め、店の女秘書と店主のの娘などはことに猛烈にかれを追求した。しかし結局彼の真面目さはアンを動かして、2人は楽しい結婚生活に入ることが出来たのである。批評ー愉快な喜劇、それだけである。興行的にはスターに人気のないのが欠点であろう。(ニウス誌ローレンス・リード)...

スタッフ

監督
脚色
ジョン・リンチ
原作
アラン・アプデグラフ

作品データ

原題 Second Youth
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi