セックスファイター
ホーム > 作品情報 > 映画「セックスファイター」
メニュー

セックスファイター

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ラスベガスを舞台に、金と女がからんだ、強大な犯罪組織の末端の仲間割れを描く。製作・脚本がウェスドン・ビショップ、監督・撮影はアニマル・シリーズのR・L・フロストが担当。出演はウェスドン・ビショップ、ステファン・ゼマ、トレイシー・サーンダース、リン・ハリス、デイヴィッド・フリードマンなど。

ストーリー

歓楽境のラスベガスは千を越すホテルが立ち並び、3千人の美女が夜毎に絢爛たるショーを繰り広げる。そして数百の賭場やスロットマシンが吸いあげる金をめぐって、犯罪シンジケートが縄張りをめぐって争っている。この金を運ぶのはバッグマンと言われ、指定の時間に指定の相手から金の入った鞄を受け取り、指定の場所のボスの金庫にまで運んでいる。トニー(トレイシー・サーンダース)とフランキー(リン・ハリス)もバッグマンで、この日、金を受け取り、ロスアンゼルスに向かって車を走らせていた。そして、ダナ(ウェスドン・ビショップ)とマーシャ(ステファン・ゼマ)を砂漠の道でひろう。車がエンコして困っていたのだ。トニーは初め警戒したのだったが、仕事が退屈すぎたのだ。そして、車の故障で数時間遅れるとボスに電話を入れて、そのままモーテルへ直行してしまう。この色模様は意外な方向に展開した。女たちが拳銃をつきつけ、金と車が奪われる。そんな感じの女ではなかったのだが--。誰かの差し金による罠にはまったのだ。やっとのことで縄をといた2人は焦った。金を取り返さないと命が危ないのだ。一方、ボスのサル(デイヴィッド・フリードマン)もイライラしてきて、手をうち始める。トニーとフランキーは近くの飛行場に行って空から奪われた車を見つけ出した。女たちは油断していた。奇襲して、縛りつけ、徹底的にリンチを加え口を割らせる。隠していた金を手に入れた彼らは、女を連れてボスのところへ向かった。しかし、トニーとフランキーは、シンジケートの組織を異にし、2人は代表としてバッグマンになっていたので、お偉方の動揺も相当なものだった。サルのところへ着き、女をシメ上げるとダナは、すべてを仕組んだのがフランキーのボスだと白状する。サルは、すぐ対抗手段の手筈を手下に手配すると、彼らに銃を向けた。部下トニーにもだ。ドジを踏んだものは生かしておけないのが渡世なのである。そこへフランキーが乗り込んできた。混乱を利用してトニーはサルに銃を向ける。どうせやるなら百万ドルを持ってフランキーを相棒に逃げようというのだ。女たちもトニーの側についた。そしてサルが彼女たちをそそのかして、フランキーのボスを失脚させようとしたという意外な顛末も暴露される。彼らは利用されただけだったのだ。トニーとフランキーは怨みをこめて弾をブッぱなした。...

作品データ

原題 The Pick-up
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 日本シネマ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi