滑れケリー
ホーム > 作品情報 > 映画「滑れケリー」
メニュー

滑れケリー

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「囁きの小径」「大学のブラウン」等出演のウィリアム・ヘインズ氏主演の野球劇で、テイ・ピイ・ヤンガー氏のオリジナル・ストーリーによってエドワード・セジウィック氏が「海上将軍」「燃ゆる戦線」等と同じく監督したものである。ヘインズ氏の相手役は「雷親爺」「競売台」出演のサリー・オニール嬢で、そのほか「ビッグ・パレード」出演のカール・デーン氏、昔時ユ社で鳴らしたハリー・ケイリー氏、ワーナー・リッチモンド氏、ジュニアー・コーラン君、グィン・ウィリアムス氏等が出演する。

ストーリー

汽車はフロシダ指して走っている。それに乗っているジム・ケリーは職業野球団ニューヨークヤンキー軍の一人で、生意気で、自惚れているが、腕は確かな投手である。彼は余り良い気になってはしゃいでいる内に近づきになった女掏摸に懐中物を抜き取られた。汽車はフロリダに着いた。ジムは汽車から降りると素敵な一女性に出会う。が、この女はなかなか大したものであってジムは見事一本お面を取られる。一時はポカンとしたが、気を取り直した彼はミッキーという等無しの少年を道連れにして仲間のいるところへ出かけて行った。さて、ベース・ボール・チームの生活、それは陽気で、楽しい、元気一杯なものであった。が、生意気で、自惚れの強いジムは一同に敬遠されてしまった。でもジムはそれに気を止めず捕手の娘を親しくしていた。この娘というのは、いつぞやフロリダの駅で出会った娘であった。いよいよ野球戦の日が来た。ジムはよくしくじった。それがもととなって娘は気を悪くする。仲間は離れていく。そのうえ、ミッキーまでも去ってしまった。そしてジムには孤独の日が、淋しく続いていった。が、やがてヤンキー軍苦戦の秋が来た。そうなると、チームの方では是非にもジムに出場してもらいたかった。またジムにしても出場さしてもらいたかった。そしてジムは、いよいよ願いかなって晴れのフラウンドに経った。愛人やミッキーの期待に燃ゆる眸を感じた時、ジムの心は勇躍した。そして彼は、最後の危機に素晴らしい安打をかっ飛ばした。そして彼は見事に滑り込みに成功した。彼は勝った。味方はドッと歓呼の声をあげた。...

キャスト

作品データ

原題 Slide, Kelly, Slide
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi