地獄の銃火
ホーム > 作品情報 > 映画「地獄の銃火」
メニュー

地獄の銃火

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「西部の怒り」と同じくウィリアム・J・オサリヴァンが製作、ダレルとスチュアート・マクゴワンが脚色、ウィリアム・エリオットとマリー・ウィンザーが主演した西部活劇1949年作品。助監督出身のR・G・スプリングスティーンが監督に当たり、撮影は「硝煙の新天地」のジャック・マータ、作曲はデール・バッツ。助演者はフォレスト・タッカー(「暴力帝国」)、ジム・デイヴィス、H・B・ワーナー、ポール・フィックスら。

ストーリー

賭博師のゼブ・スミス(ウィリアム・エリオット)は、酒場の喧嘩で危うく命を落とすところを、巡回牧師に救われたが、そのため牧師は殺されてしまった。ゼブは牧師の悲願だった教会の設立を受け継いで、暴力に訴えずやり遂げる誓いを立てた。ゼブは、ふとしたことから、悪名高い女盗賊ドル・ブラウン(マリー・ウィンザー)と知り合って、彼女の首に5000万ドルの懸賞金のかかっていることを知り、この5000万ドルで教会を建てようと密かに企てた。彼はうまく彼女にとり入り、一緒にテクサスに帰ろうと持ちかけ、彼女を自分に惚れさせるように仕向けた。ドルは無法者のストナー兄弟の長男リュウと結婚したのだったが、リュウを殺したのだ。そのため保安官のバッキー(フォレスト・タッカー)とストナー兄弟の両方から追われていた。ゼブはドルと一緒に旅をつづけるうちに、バッキーがドルの妹のジェーンと幸福な結婚をしていることを知った。ドルは酒場女を装ってオガララに行き、バッキーの様子を探ろうとしたが、ゼブはドルが捕まりそうなのを知って自ら保安官代理になり、彼女を投獄した。ゼブの本心を知って、ドルと彼はあわや射ちあおうとしたとき、間に入ったバッキーはドルの弾丸に傷ついた。ゼブが医師を探しに行った間に、ストナー兄弟が現われた。危うくドルが殺されようとしたとき、現われたゼブはストナー兄弟を倒した。傷ついたドルはゼブに優しく抱かれた。...

作品データ

原題 Hellfire
製作年 1949年
製作国 アメリカ
配給 リパブリック日本支社=NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi