ジョスリンの妻
ホーム > 作品情報 > 映画「ジョスリンの妻」
メニュー

ジョスリンの妻

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

女流小説家として有名なキャスリーン・ノーリスの小説を脚色したもので、久しぶりのベシー・バリスケールの家庭劇である。ベッシーの夫君ハワード・ヒックマンが監督の任にあたっている。相手役はナイジェル・バリー、キャスリーン・カーカム、マーゲリット・ド・ラ・モットら。

ストーリー

エレン・ラティマーはローズ夫人の招待会で偶然知り合いになった美術家ギブス・ジョスリンと結婚し、ジョスリンは美術研究のためヨーロッパへ行く。彼は成功して妻と愛児を携えて米国へ帰って来て、若い後家リリアンを迎えた父の家へ住むことになった。リリアンとギブスとは話が合って、人目にも余るようなことが時々有った。父と子とはこのことから争い、ギブスは妻子を連れて近くの家へ別居する。しかし幼いトムは祖父さんと戦争ごっこをするので度々祖父の家へ遊びに来ていた。ある日、意外にも祖父ジョスリンが死体となって発見された。当然疑いはギブスの身にかかり投獄されるが、妻エレンは夫の無罪を確く信じていた。幼いトムが戦争ごっこをしている間に、過って祖父を撃ったことが判明して、一家は再び昔の春に返る。...

作品データ

原題 Joselyn's Wife
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi