女傑ターザン
ホーム > 作品情報 > 映画「女傑ターザン」
メニュー

女傑ターザン

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「情無用ッ」「東への道」のロチェル・ハドソンが主演する映画で、ブルースター・モースが書き下ろした脚本によってモノグラム社などの西部劇を監督していたハリー・フレイザーが監督に当たり「ターザンの新冒険」を監督・撮影したエドワード・カルが撮影したものである。助演者は「シュヴァリエの巴里っ子」のウォルター・バイロン、「ミシシッピ」のハリー・マイヤース、アドルフ・ミラー等である。

ストーリー

狩猟家ジム・フランクリンは猛獣捕獲のため、年中酔っ払っている不当エーモス・スチッチとともにアフリカの蕃地に渡り、案内者バーヌスを雇って奥地へ進んだ。この辺の原住民は白人の女神を崇拝し人身を犠牲に供するという噂が有賀ジムは一笑に付した。捕獲した動物は何者かのために夜中に逃がされてしまったが、それはいわゆる女神の仕業だった。ところがある夜森の女神が罠に落ちて生け捕りされた。それは人語を解しない美しい白人の娘であった。ジムはこの娘を猛獣同様に馴らしてみた。バーヌスは娘の野性美に心を奪われ挑まんとしたので、クビになった。すると彼は原住民を唆してジムを捕らえたが、エーモスの努力によってジムは救われ、バーヌスは娘の仲間であるゴリラによって命を奪われた。...

作品データ

原題 The Savage Girl
製作年 1932年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi