受難のテス
ホーム > 作品情報 > 映画「受難のテス」
メニュー

受難のテス

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

イギリスの文豪トーマス・ハーディー原作の「ダーバーヴィルのテス」に基いて、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「ミニー」「富に群がる者」等と同じくマーシャール・ニーラン氏が監督したもので、主役は氏の夫人で「パレスの騎士」に出演したフランシュ・スウィート嬢と「真夏の狂乱」「嵐に散る花」等出演のコンラッド・ネーゲル氏である。その他「救いを求むる人々」出演のスチュアート・ホームズ氏やパラマウント映画でお馴染みのジョージ・フォーセット氏等も主要な役を演じている。

ストーリー

イギリスロンドンに程近きウェセックスの村で多勢の子供を抱えながら酒に浸っていたダービイフィールドと云う老人があった。ある日村の牧師から自分は由緒正しき田家ダーバーヴィル家の子孫であるを聞かされて不正な考を抱いた彼は長女のテスを今はダーバーヴィル家の土地を買取ってダーヴァーヴィルを名乗っているアレックという地主の許へ住込ませた。美しいテスの容姿はアレックの汚ない血を湧かせ、テスは身重になって父の家へ逃げ帰って来た。生れた子供は程なく死んだので、テスは再び働かなければならなかった。彼女はエンジェル・クレアーという紳士に恋され、結婚することとなったが、クレアーは彼女の過去を知って絶望の極南アメリカへ去った。テスは我家へ帰ってくると父は死し一家は彼女が養わなければ饑に迫るばかりであった。アレックと彼女の再会、アレックは彼女に妻になって呉れと頼む。他に途のない彼女はそのを承諾し衣服を調べにロンドンへ来た時、テスを許そうとして帰って来たクレアーと偶然会った。アレックは彼女を連れて我家へ帰って来たが、二人を追って来たクレアーが着いた時にテスはアレックを殺していた。二人は手を携えて逃れたか途中で捕えられ、テスは犯した罪の酬いとして死刑を宣告される。冷たい牢獄の入口に妻の身を案じて立っているクレアーは、死刑の終った印しの黒旗がスルスルと引上げられるのを見たのであった。...

作品データ

原題 Tess of the D'Urbervilles
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi