銃口
ホーム > 作品情報 > 映画「銃口」
メニュー

銃口

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ブレイク・エドワーズとヘンリー・マンシーニのコンビで評判をとったテレビ『ピーター・ガン』の映画化である。ブレイク・エドワーズのオリジナル・ストーリーを彼とウィリアム・ピーター・ブラッティが脚色、テレビと同じくブレイク・エドワーズが監督にあたった。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はヘンリー・マンシーニが担当した。出演はテレビと同じく主演にクレイグ・スティーヴンス、彼をめぐる助演者たちも、ほとんどテレビ畑からえらばれ、ナイトクラブの歌手としても人気のあるローラ・デヴォン、子役時代からテレビで育ったシェリー・ジャクソン、エミー賞受賞実績のあるアルバート・ポールセン、「いのちの紐」「エル・ドラド」など映画にも出演経験のあるエドワード・アズナーなど。製作は、テレビ・映画でエドワーズ監督と組んで活躍しているオーエン・クランプ。

ストーリー

ある夜、ヨットに乗っていたギャング団のボス、ジュリオが何者かによって射殺された。その葬式の日、死者に対し異なる感情を持つ3人の男が顔をあわせた。ピーター・ガン(クレイグ・スティーヴンス)は、かつてジュリオに命を救われたことがあり、ジャコビー警部(エドワード・アズナー)にとっては殺人課の苦労がひとつ減ったわけであり、フスコ(アルバート・ポールセン)にとっては、縄ばりをそっくり受け継ぐことができる。その夜から、町ではフスコの横暴が始まった。ピーターは高級売春宿のマダム、デイジーから殺人犯を見つけたら1万ドル支払うと言われた。彼女はフスコが犯人とにらんでいるが、証拠がない。ピーターの犯人探しが始まった。と同時に、彼は常に姿なき殺し屋にねらわれるようになった。ピーターはジュリオが乗っていたヨットからライターを探しだした。そのライターは売春宿のマダム、デイジーからフスコに贈られたものだった。犯人はフスコ――とピーターも確信した。だが、おかしいのはライターを送ったデイジーも、フスコが犯人と言った点だった。調べてみると、フスコにはアリバイがあった。しかし彼は子分を使ってピーターを捕らえ、拷問のすえ、フスコが犯人ではないというアリバイ以外の確とした証拠をあげてこい、といった。ピーターは全力をあげて捜査にあたったが、ある日、またもや殺し屋に襲われ、間一髪で倒した。その殺し屋は死ぬ直前“ハリー・ロス”と名のって事件の謎をとく鍵をピーターにあたえた。その鍵とはマダム・デイジーは、実は、男だという、意外なことだった。そしてフスコと同性愛の関係にあった。ところがフスコが裏切ったので、自分でジュリオを殺し、わざとフスコのライターを置いてきて、彼を犯人らしく仕立てたのであった。なんとも奇妙な事件──と、ピーターは思うのだった。...

作品データ

原題 Gunn
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi