親切第一
ホーム > 作品情報 > 映画「親切第一」
メニュー

親切第一

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリアム・スレイヴンス・マクナット原作の人情喜劇を、「法の外(1921)」など監督のトッド・ブラウニングが監督したもの。「女になる迄」が最近紹介されたグラディス・ウォルトン主演。相手役はグリフィスイ映画「人類の春」で認められたデイヴィッド・バトラーである。

ストーリー

料理店の現金掛ロージーは、ある席上社交界の貴婦人が「親切な行為をすれば必ず良い運が向いて来る」と演説するのを聞いて深くも感動し、早速親切第一を心がけた。ハリーという気障な紳士がこれに乗じて巧みに彼女にとりいり、金満家の息子と称して彼女に結婚まで申し込む。パン屋の出前でロージーと恋中のフレディーは形勢不穏とみて大いに心配したが、ハリーが主人の宝石を盗んだので騒動となり、フレディーはハリーに謀られて拘留される。ロージーは一大事とばかりに活躍を試み、ハリーを捕まえさせてフレディーを助けることができた。...

作品データ

原題 The Wise kid
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi