深海の野獣
ホーム > 作品情報 > 映画「深海の野獣」
メニュー

深海の野獣

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

短編製作者として知られているレイ・フリードゲンが監督制作した写真風映画でフレデリック・ワグナーが物語を買いて、エイドリアン・ジョンソンが脚色した。ウォーレス・カズウェル大尉が巨魚と争闘を演じて見せるもので、ローウェル・トーマスが説明に任じている。

ストーリー

ウォーレス・カズウェル大尉はプリンセス号に乗ってメキシコ湾へクジラとサメを追って行く。やがて船尾にサメが現れる。大尉は水に潜ってサメと格闘しナイフで突刺して船上へ曳き上げる。海上に海ガメが現れると彼はその背に乗って遊泳する。今度は虎ザメと銀ザメが争闘している。銀ザメが勝つと大尉は海中に跳り込んでそれに向かう。その時巨大なエイが間に浮かび上がった。重量千六百ポンド以上という稀にみる怪物である。二匹は一時に大尉を襲撃する。見ていた船員たちが銛を射ち込んでエイを仕止める。大尉はその間にナイフを揮って銀ザメを殺す。珊瑚礁に着くと潜水夫が海底へ下りる。そこへ巨大なタコが来て全身を足で包む。海亀が潜水具の綱を切ったので命も危ない所へ大尉が現れてタコをたおし潜水夫を助ける。...

キャスト

作品データ

原題 Killers of the Sea
製作年 1937年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi