シマロンの女拳銃
ホーム > 作品情報 > 映画「シマロンの女拳銃」
メニュー

シマロンの女拳銃

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

モーリス・ジェラティの脚本を「狙われた女」のハリー・ケラーが演出した西部劇。撮影はカール・ストラッスが担当。出演者は、ジャック・ビューテル、マラ・パワーズの他「東京上空三十秒」のビル・ウィリアムス、ジム・デイヴィスなど。

ストーリー

西部の新天地を目指す幌馬車隊が、コマンチ族に襲われて全滅した。燃えている馬車のそばを通りかかったチェロキー族のウィリー(ジム・デヴィス)は、泣き叫ぶ白人の赤ん坊をみつけて家へ連れ帰った。彼の両親はこの赤ん坊を"シマロンのバラ"(マラ・パワーズ)と名づけて可愛がった。それから十数年、彼女は美しい娘に成長した。そんなある日、ウィリーの両親はニューカム一味に襲われ殺された。ウィリーとバラの2人は、一味を追ってドッジ・シティまで来たが見失った。町の保安官ホリスター(ジャック・ビューテル)は、2人から事情を聞きニューカム一味の捜査に協力することを約束した。ある日のこと、酒場にいる2人の男がニューカム一味であると知ったバラは、思わず拳銃を抜いてしまった。親の仇とは云え、殺人を犯したバラを身のがすわけにはいかず、保安官は彼女を留置場に入れた。この留置場には、ニューカムの仲間で"執事"のあだ名を持つ男が入っていた。そして数日、この男を助けについにニューカムが現れた。彼は執事を救い出すついでにバラも逃がしてやった。お互いに相手が誰であるかも知らないまま別れたのだが、その日以来ニューカム一味は各地を荒れ廻った。今では、ホリスターも一味の逮捕に躍起となった。が、彼等はなかなかつかまらなかった。その頃、ウィリー、バラ、ホリスターの乗る汽車がニューカム一味に襲われた。この汽車には金貨が積まれていたのだ。逃げる一味を追う保安官、そしてバラ兄妹。追いつめられたニューカムは、ついに保安官の銃弾に倒れた。ようやく親の仇を晴らしたウィリーとバラは、お互いの幸福を祈りながら別れ別れの道をとるのだった。バラは恋人の保安官と新しい世界へ、そしてウィリーは両親の眠る土地へ--と。...

キャスト

作品データ

原題 Rose of Cimarron
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 大蔵映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi