支那町見物
ホーム > 作品情報 > 映画「支那町見物」
メニュー

支那町見物

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

四半世紀前にアメリカで好評を博したチャールズ・E・ホイト氏作の舞台笑劇を映画化した物でベアトリス・ヴァン女史が脚色し、ロバート・ビー・カー氏が監督した。主役は「喧嘩両成敗」「新婚第一年」等出演のマーガレット・リヴァングストン嬢と「喧嘩両成敗」「女護の島」等出演のアール・フォックス氏とで、ジェー・ジャレル・マクドナルド氏、チャールズ・ファーレル氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、グラディス・マッコンネル嬢等が共演している。

ストーリー

ウィランド・ストロングは有り余る程のお金があるところから、金持ちの若者がしそうなことは何もかもし尽くして、揚げ句の果てが少々生活に倦怠を感じだし、健康状態も良くない様に思い込み、医者は病気でも何でもないと言うのに自分だけは一つぱしの慢性病者のつもりで、西部を指して保養旅行に出掛けた。その途中でアリシア・ガイヤーという美しい女優と逢ったウェランドは彼女に首ったけ惚れてしまった。しかもアリシアはサンフランシルコにいるウェランドの叔父ベン・ソトロングの姪マリアン・ヘーストの友達でマリアンを訪ねて行くことが判ったのでウェランドは大恐悦で叔父の家へ乗り込んだ。この叔父さんは頭は禿げても色気たっぷりの好々爺だった。しかし彼はマリアンが恋し合っているゲーン・ワイルダーと結婚することに不承知だった。そのことで叔父姪が揉めことの最中ウェランドが乗り込んで来たのだった。ベンはマリアンを彼と結婚させたいと思った。ところへアリシアが訪ねて来るとベン叔父さんは本性を現しアリシアに惚れてしまった。そこでベンはウェランドがアリシアにおぼしめしありと見て是が非でもウェランドとマリアンを結婚させ様というのでそれに邪魔のゲーンの出入りを厳禁した。アリシアの方ではウェランドに興味を感じている際として中国町見物を提議した。中国町に行ってかは珍事続出、恋の鞘当に火花を散らしたが、頭の禿げはベンの叔父さんにたって、遂にアリシアはウェランドに取られ、マリアンは好いた同志のゲーンと結婚することになった。ベン叔父さんの微苦笑。...

作品データ

原題 A Trip to Chinatown
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi