私刑される女
ホーム > 作品情報 > 映画「私刑される女」
メニュー

私刑される女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

“サタデイ・イヴニング・ポスト”誌所載のマイケル・フェシアの原作から「眠りなき街」のスティーヴ・フィッシャーが脚色し、「硫黄島の砂」のアラン・ドワンが監督した西部劇1953年作品。「アリゾナの勇者」のレジー・ラニングが撮影を、スタンリー・ウィルソンが音楽を担当している。主演は「ポーリンの冒険」のジョン・ランド、「最後の無法者」のブライアン・ドンレヴィ、「恐怖の街」のオードリー・トッター、「アリゾナの勇者」のジョーン・レスリーで、以下ベン・クーパー、「地獄の銃火」のジム・デイヴィスらが助演。

ストーリー

1865年、南軍を装って乱暴を働いていたカントリル・ゲリラ団の首領チャールズ・カントリル(ブライアン・ドンレヴィ)には、ボーダー・シティから拉致して無理に女房としたケイト(オードリー・トッター)という女がいた。彼女はカントリルに仕込まれて立派な副首領となり、男装して暴虐を振っていたが、ボーダー・シティに安酒場を営む恋人ビッタルートを忘れかねていた。あるとき、カントリル・ゲリラ団はビッタルートの妹サリー(ジョーン・レスリー)の乗っている駅馬車を襲い護衛の北軍兵を虐殺した。気丈なサリーはケイトに対して公然と復讐を宣言したが、ケイトは一笑に附し、ボーダー・シティのビッタルートの酒場へ赴いた。ビッタルートは、恋人ケイトを奪われた憤満を酒にまぎらわそうとして酔い、果ては酒場は射合いの巷と化し、騒ぎを鎮めようとした鉱山の鉱区長、実は南軍の士官ランス・ホートン(ジョン・ランド)は心ならずもビッタルートを射殺してしまった。サリーはこの場にいなかったが、ケイトはサリーのために彼が死んだと思い込み、彼女に決斗を申し込んだ。2人は対決したが、ケイトが抜くより早くサリーのピストルはケイトの右手を狙い撃っていた。ケイトはサリーに感謝し、今は恋仲のサリーとランスのため彼らが南軍のキャムプへ帰れるよう手筈を整えてやった。しかし鉱山主コートネイはサリーを南軍のスパイだとして彼女をリンチにかけようとした。サリーの首に縄が巻かれたとき、ケイトが駆けつけて彼女の無罪を証明し、自らはお尋ね者のケイト・カントネルだと宣言して逃げ出し、北軍を町の外に連れ出した。ケイトはニュー・オーリーンズへ逃げのびてカフェ歌手としての新生活に踏出し、ランスは戦後サリーと結ばれた。...

作品データ

原題 Woman They Almost Lynched
製作年 1953年
製作国 アメリカ
配給 リパブリック日本支社=NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi