シーザーの御代
ホーム > 作品情報 > 映画「シーザーの御代」
メニュー

シーザーの御代

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「サロメ(1918)」より以前にセダ・バラ主演の元に製作されたもので、監督は「サロメ(1918)」を始めフォックス映画をほとんど無数に監督したJ・ゴードン・エドワーズである。米国では「クレオパトラ」として公開されたもの、相手役の連中もフリッツ・ライバー、サーストン・ホール、ハーシェル・メイオール、アルバート・ロスコーら。

ストーリー

ナイルの岸エジプトの国に色美しき毒の花にも似たる妖魔あり。時将に紀元前48年の頃ローマの英傑ジュリアス・シーザーがエジプトに攻め入るや、かえつて彼女の美貌に迷い、そのためカシアス・ブルタス以下の一味のために国会議事堂で刺される。彼の死とともにローマはここに3頭政治と化しマーク・アントニー即ちエジプト支配に任ぜられてその地に至るやたちまちにして女王クレオパトラの愛に溺れ、1度はローマに帰りオクタヴィウス・シーザーの妹と結婚せしも彼クレオパトラが熱情を忘るるにあたわず再びエジプトに渡り、夢とその妖姫を抱く。ここに端なくもオクタヴィウスとアントニーとの戦端は開かれぬ。されど憐れ敗戦の悲運を見たるアントニーはたおれ、クレオパトラ再びオクタヴィウスを愛の虜たらしめんとせしも彼が勇武の鐵心動かすべくもなく、遂に毒蛇に己れが腕を咬ませ、真紅の百合ナイルの花、秘史永遠に残るエジプトの昔、冷たき屍を横たえたのである。...

作品データ

原題 The Reign of the Caesar
製作年 1917年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi