処女の唇
ホーム > 作品情報 > 映画「処女の唇」
メニュー

処女の唇

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

チャールズ・ビーハン氏の原作を、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、「隼コーラン」「船に打乗り海原さして」等を同じくエルマー・クリフトン氏が監督した映画である。主役は「寝巻」「近代恋愛ごっこ」等主演のオリーヴ・ボーデン嬢で、「五つの魂を持つ女」「黎明の丘(1928)」等主演のジョン・ボールズ氏が相手役を演ずる外、古参者のアーリン・プレティ嬢、「アンニー・ローリー」のリチャード・アレクサンダー氏、アレクサンダー・ギル氏、等も主演する。

ストーリー

生粋のアメリカッ子パリー・ブレイクは石油商の依頼とメキシコの土地に対する興味とでサン・プエルトの知事を援助し、土地の無頼漢カルタの逮捕に努めていた。ある日、旅宿エル・ディアプロへカルタの現れたる報に接し、飛行機で急ぎ駆けつけ様としたが、何ぞ計らんその同乗のガルシアはカルガの配下の者で、予め飛行に先立って機体が傷つけてあった事とて、パリーは墜落してしまった。一方、エル・ディアプロへアメリカから踊りと歌とを売物に働きに来たノーマという娘があった。所が、このエル・ディアプロへ夕刻から現れたカルタの一味が、この旅宿に陣取って乱暴な酒盛りを始めたので、ノーマは恐れて2階の難を避けたが、人々に発見され酒宴の席に引き出された。この時彼女の2階の部屋には墜落して負傷したガルシアを伴ってパリーが居た。彼は下の動静を窮っていたのであったが、ノーマの危機を救わんとして、発見され、縛られる。が、彼は奇計を以て電話を通じた。其処でサン・プエルトの官憲の一隊は馬に跨がってエル・ディアプロさして馳せつけた。ガルシアの為に正体をあばかれたパリーは正にカルタのピストルの煙と消え様としていた間一髪、官憲の一隊は雪崩込んで来た。パリーは危うく救われた。やがてパリーがノーマと結婚した事は言う迄もあるまい。...

作品データ

原題 Virgin Lips
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi