曙光の森
ホーム > 作品情報 > 映画「曙光の森」
メニュー

曙光の森

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大北物の大衆作家として知名なジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の小説の映画化で、それを「三人」「ドロシー・ヴァーノン」と同じくウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「大分水嶺」「怒號する天地」の監督者レジノルド・バーカー氏が監督したもの。主役は「明眸罪あり」「イット」出演のアントニオ・モレノ氏と「ビッグ・パレード」「ミシガン小僧」出演のルネ・アドレー嬢との二人で、ガードナー・ジェームズ氏、トム・オブライエン氏、匈牙利オスカー・ベレギ氏等が出演してイる。

ストーリー

1869年から1874年にかけてというものはカナダ北西部には未だ法の手が届かず、そこでは獰猛なハーフのジュール・ララガールが、多くの手下のハーフを集め、なおインディアンの種族の援けをかりて跳梁跋扈していた。この地で貿易業を営むアンドレー・オードマールがラガールの命に抗し、その上政府に法の援助を求めた時、ラガールは手下のルュパンとフランソアとをして彼とその妻とを殺さしめた。オードマールには18になるジャンヌ・マリーという娘とその弟ロージュとがいた。その後、ラガールは自らN・W・共和国の假の大統領と号しそれを認めぬ住民には退去を命じた。が、彼は唯一人ジャンヌだけを手許に止めて置いた。追われた住民達が群をなしてこの地を離れてから間もなく彼らはこの地鎭撫のために政府より派遣せられた三百人からなる騎馬警官の一隊に行きあった。住民はこの一隊と共に道をとってかえした。この由を早くも知ってラガールは身を隠した。がリュパンとフランソアとの二人を居残らして置いてジャンヌを誘拐させようとした。そして彼はインディアン達を使嗾してこの一隊の據る根拠地を襲撃しようと計った。一方、ジャンヌは騎馬警官のカリガン警部と恋を語る身になっていたが、ロージェがリュパンとフランソアに嘲られたのを怒り二人を殺した時、ジャンヌがロージェを逃がさんとしたにも拘わらず、カリガンが法を重んじロージェを捕縛したので、ジャンヌは以来カリガンを敵視するようになった。この間に、ラガールはこのポスト司令官マクヴェンを欺いて部下を引率して他の地へ動員せしめ、その留守の手薄なのを見はからってインディアンと共に、一撃このポストを全滅せんと襲撃した。留守を預かる人々はよく防戦した。が、多勢に無勢で敵し難く既に危うく見えた時に、カリガンはこの団を破って一騎マクヴェンの跡を追い、ポストの急を報じた。知らせを得て騎馬隊は救助に殺到してきた。ラガールはその進路を巡るために森に火を放ったが、勇敢なる騎馬の一隊は、その火中を衝き、このラガールの率いる暴徒を一蹴した。この戦の最中にロージェはジャンヌの身を守って命を残すした。が、ラガールは捕らえられ手錠の人となった。そしてこの地に再び平和のめぐり来たった時、ジャンヌとカリガンとの間もまた舊に戻って、二人は楽しい恋を語ったのであった。...

作品データ

原題 The Flaming Forest
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi