昇天の意気
ホーム > 作品情報 > 映画「昇天の意気」
メニュー

昇天の意気

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マックス・ブランド氏作の小説を映画化したもので、「侠勇ドン・ジュアン」「痛快男児」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したトム・ミックス氏主演映画で、対手役は「紅の大空」「恋の鉄条網」等出演のクララ・ボウ嬢が勤め、シリル・チャドウィック氏、ジュディ・キング嬢、トム・ウィルソン氏、ポール・パンザー氏等が助演している。

ストーリー

ヒュー・ニコルスは巨万の遺産を擁し都会の歓楽に刺激を逐うてその日を徒然のうちに送って居たのでのらくら者と云われていた。ところがある日コロラドから牧童が来てヒューの亡父の違約を責めた。しかしヒューはダンラップという男に契約を履行せしむべく2万ドルを渡しその受取書を持って居たのでダンラップが不正を働いているに違いないことを悟った。そこで彼は忠僕サムを伴いコロラドに向った。彼らは旅回り音楽家に身をやつして2万ドル奪還の計画を立てた。住民たちは人頼みを思い切って自ら堤を建築し始めた。ダンラップ一味はその工事の妨害を計った。さてヒューはペギーという美しい娘に恋し彼女の父に金を貸してやったりした。ある晩彼はダンラップの家を襲い2万ドルを奪還して逃れた。ダンラップは役人に加勢してもらって彼を追跡した。ヒューは堤の近くの小屋に逃げ込んだ。追跡隊は小屋に迫って乱射した。ダンラップは初めて旅音楽師がヒュー・ニコルスと知り堤を爆破せしめて彼を殺さんとした。堤は破壊され大洪水が起った。ヒューとペギーは激浪に陥りながらヒューは勇敢に奔流と戦って愛するペギーを無事に救った。ダンラップは受くべき法の制裁を受け、ヒューは芽出たくペギーと結婚式を挙げた。...

作品データ

原題 The Best Bad Man
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi