三人の生霊
ホーム > 作品情報 > 映画「三人の生霊」
メニュー

三人の生霊

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フレデリック・S・アイシャム作の舞台劇を「アパートの殺人」「赤新聞」のマックス・マーシンが改作して台詞を書き、ヘレン・ホーレットが脚色し、助監督から昇進したソーントン・フリーランドが処女作品として監督し、ロバート・プランクが撮影した。出演者は「薫る河風」のジョーン・ベネット、「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「モンテカルロ」のクロード・アリスター、「泥人形」のチャールズ・マクノートン及びベリル・マーサー、「続フーマンチュー博士」のシェイル・ガードナー、ジョスリン・リー等である。

ストーリー

休戦条約が結ばれる数日前、ドイツ軍の捕虜収容所を脱走し、密航して英国へ帰った3人の戦友があった。彼らは3人とも戦死者と記録されていた。その1人アメリカ人のフォスターは故国で窃盗の嫌疑を受けていて、米国の探偵は彼の所在を捜索していた。ロンドン児のジミー・ガビンスは酒飲みの母親が、彼の死の誤報によって得た保険金を飲み尽くしたあとだし、もう1人のスプーフィーは弾禍によって記憶を喪失してしまっていたので、3人は信ぜられているとおりに死んだものとして暮らした方が得策とする立場にあった。かくて3人の生きた幽霊はジミーの貧民窟の隠れ家に住んでいた。そのうちジミーの母はフォスターは5000ドルの懸賞金付きで捜索されていることを聞き出して、ひと飲みしようと密告を企てる。無意識に他人のものを持ち出す病気を持っているスプーフィーは、町を歩いていて宏壮な一邸宅を見て病気がおこり、その家へ入り込んで立派な着物を着、宝石をとり、赤ん坊までも連れてかえって来た。おりからジミーの母の密告で懸賞付きアメリカ人の逮捕に来た警官は、ロンドン中を騒がせているライセスター卿邸の赤ん坊紛失事件の犯人を見いだして、アメリカ人どころの騒ぎではなくなった。スプーフィーは捕えられるとき頭をぶって記憶を回復し、赤ん坊の真偽をみさだめに来た夫人を相会して、大喜びに喜んだ。またフォスターは彼が莫大な遺産相続人になっていること、問題の窃盗の汚名も賠償すればあ消滅すること、を告げられた。フォスターは船中で知り合い恋仲となったローズ・ゴードンと結婚し、ジミーもペギーという恋人をえた。...

作品データ

原題 Three Live Ghosts
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi