サロメの心
ホーム > 作品情報 > 映画「サロメの心」
メニュー

サロメの心

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アレン・レイモンド氏の原作を、ランドール・H・フェイ氏が脚色し、「サイベリア」「明け行く魂」と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督した映画。主役は「踊り狂う人々」「サイベリア」等出演のアルマ・ルーベンス嬢で、ウォルター・ピジョン氏が相手役を演じている外、ホームズ・ハーバート氏、バリー・ノートン氏、ロバート・エイニュー氏、トム・デューガン氏などが助演している。

ストーリー

パリに豪壮な邸宅を構え巨万の富を擁しその名神会に普く知られているボリス・ザンコ伯爵は、実は稀代の悪漢で、エレーヌという美しい乙女を手先きにして悪事を続けていた。が、エレーヌは現在の厭しい主活を嫌い、それを逃れて巳れが故郷へ帰り、田園の生活を楽しんだ。そこで彼女はアメリカの技師モンテ・カロルと知り合いになり恋に陥る。しかしやがてエレーヌはザンコの招きによってパリに戻るとザンコは彼女にあるアメリカの技師が画家に託してある油田の地図を盗めと命じた。ヘレーヌは云われる侭に地図を奪ったが、後になってそのれがカロルのものであるのを知って驚いた。そしてカロルへの許しを乞うたが彼は断然それを拒絶した。斯くてエレーヌの心は夜叉に変じ、サロメの如くになり、ザンコと結婚する条件で、カロルの命を要求する。ザンコはカロルをパリ近傍の古城に幽閉して命を奪おうとした。が、その時エレーヌの心に目醒めが来た。そして真の愛に立返り、カロルを救った。2人は而して新らしい生活へとはいった。...

作品データ

原題 The Heart of Salome
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi