砂漠の鷹
ホーム > 作品情報 > 映画「砂漠の鷹」
メニュー

砂漠の鷹

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ダイナマイト夫婦」のレオナード・ゴールドスティンが製作した1950年色彩伝記活劇。「成吉思汗」のジェラルド・ドレイスン・アダムスが脚色し、「海の無法者」のフレドリック・デコルドヴァが監督に当たった。撮影は「成吉思汗」のラッセル・メティ、音楽は「ハーヴェイ」のフランク・スキナーである。主演は「海の無法者」のイヴォンヌ・デ・カーロと「激情の断崖」のリチャード・グリーン、以下「成吉思汗」のジョージ・マクレディ、「ウィンチェスター銃'73」のロック・ハドソンらが助演する。

ストーリー

2000年の昔、テヘランの領主ムラード(ジョージ・マクレディ)は、庶民に対して悪政の限りをつくす暴君で、バグダッドの太守の娘シェラザード(イヴォンヌ・デ・カーロ)と婚約中の間柄であった。シエラザードは婚礼の行列をテヘランに向ける途中、ムラードの出迎えを受け、その美男子ぶりに心を奪われて直ちに結婚式を挙げたが、この男こそ、本名は鍛冶屋のオーマー、悪領主ムラードを向こうにまわして戦う、庶民の英雄《砂漠の鷹》(リチャード・グリーン)なのであった。彼は新婚の一夜が開けたとき、いち早く逃亡してしまった。シェラザードはこの屈辱に怒り、遅ればせに現われた本物のムラードに、もし《砂漠の鷹》を捕らえなければ彼を失脚させると厳命した。ムラードは暗殺業者カイバーに、シエラザードを殺して犯人を《砂漠の鷹》に見せかけるよう命じた。しかしカイバーは彼女を殺すより捕らえる方が有利と悟った。侍女に変装していたシエラザードは、アイバーの邸に捕らえられて、鍛冶屋のオーマーに巡り合った。彼女が《砂漠の鷹》は飛鳥のように逃れ、今度は貴族の変装で現われて、侍女姿のシエラザードを買い取った。2人は彼のオアシスに馬を進めるが、途中で、姫は彼を砂漠の中に残してひとりオアシスに向かっていってしまった。やっとオーマーがオアシスに着いたとき、姫は身分がばれてカイバーの邸に連れ去られていた。かくてオーマーは部下を糾合、カイバーの邸に乗り込んで姫を救ったところへ、姫の父太守とムラードが現われた。ムラードは罪の露見を恐れてカイバーを殺すが、自らもオーマーの剣に倒れた。《砂漠の鷹》オーマーは新たにテヘランの領主に任ぜられ、晴れてシエラザードをその腕に迎えた。...

作品データ

原題 The Desert Hawk
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル日本支社
上映時間 77分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi