砂金地獄
ホーム > 作品情報 > 映画「砂金地獄」
メニュー

砂金地獄

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ゼーン・グレイ氏作の西部小説を映画化したもので、J・ウォルター・ルーベン氏が脚色し、「吹けよ春風」「夜の叫び」等のリン・ティン・ティン映画をものしたるハーマン・C・レイメイカー氏がパ社入社第一回作品として監督した。主役は「つばさ」「オール持つ手に」等出演のリヤード・アーレン氏と「飛入拳闘大勝利」「凸凹青春の巻」等のメアリー・ブライアン嬢で、「令嬢馬賊」「凸凹青春の巻」のジャック・ルーデン氏を始め、ブルース・ゴードン氏、ハリー・T・モーレイ氏、アルフレッド・アレン氏等が助演している。

ストーリー

今から五十年程前のこと牧畜業の盛んな米国西部のトント盆地に金が発見され、トント・フラッツの町は一夜にして猟金者の群れに満たされた。そしてバッド・ワトソンという青年が鉱区登記係として妹のルーシーを伴ってこの町に赴任してきたかが、サム・スプロールという腹黒い男はバッドの御しやすいのを知って秘かに鉱区横領を企て、人殺しと綽名をとったヒッギンズ一味の命知らずの無頼漢共を呼び集め、ひたすら時機の至るのを待っていた。当時町の近くにエド・デーンミードという青年が住んでいたが彼は父親と共に含鉱砂利の鉱区を発見し、これを登記するために町に赴いたが、その日不運にもエドの父親は何者にか背中を撃たれて死んでしまった。エドは瀕死の父親の口から「一本指でカルタを切る博徒が俺を撃った」ということだけしか聞き得なかった。その兇漢こそサム・スプロールであったが狡猾なサムはその時居合わせた登記係のバッド・ワトソンに、バッドがあやまって彼を殺したように欺瞞し誤信せしめた。そしてサムはそれを種にバッドを脅迫して鉱区登記の書き換えを強要すると同時に、ヒッギンスの率いる無頼の徒を使嗾して一挙に金鉱区の鉱夫達を追い立てようと図った。しかしこの陰謀を慧くも看破したエド・デンミードは早速に自衛団を指揮して悪漢共を逆襲し、ついに巨魁を屠った。...

作品データ

原題 Under the Tonto Rim
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi