再生の男(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「再生の男(1924)」
メニュー

再生の男(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョン・フレミング・ウィルソン氏の小説に基づいたジュールス・エッカート・グッドマン氏の舞台劇をエドモンド・グールディング氏が脚色し「巌窟王(1922)」「愛? 金?」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので、主役は「戦禍」「紺碧の空の下に」等出演のジョージ・オブライエン氏で相手役は「剣戟の雄」「琴線の響」等出演のドロシー・マッケール嬢が演じラルフ・ルイス氏、シリル・チャドウィック氏等助演者も良い顔振れである。

ストーリー

大富豪ボッターの一人息子ヘンリーは父の手一つで甘やかされて育ったのでやくざ者だった。遂に親の勘当をうけサンフランシスコの造船所で働くことになったが飲んだくれてばかりいて踊り子のマーセルと恋に陥たが、父の命を受けた船長ガロンは彼を上海に連れて行く。上海では一層彼は堕落した。そうして或日阿片窟で偶然にもマーセルに逢った。彼女はやはり彼を愛した。彼はしばらく我が非を悟って農場に働く決心をしてマーセルと共に行き、楽しい結婚と労働との生活に二人とも健康を回復した。1年後彼の叔母は或令嬢と共に父の危篤の報を持って訪れニューヨークへ一人帰れと言った。彼は妻と別れる事を欲しなかったが、妻は彼を信じて待っているというので一人まずニューヨークへ帰省し、病癒えた父と共に帰ってきた。...

作品データ

原題 The Man Who Came Back
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi