最後の太平洋戦争
ホーム > 作品情報 > 映画「最後の太平洋戦争」
メニュー

最後の太平洋戦争

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マッカーサー将軍がフィリピンに上陸、日本軍を降伏させるまでの長編記録映画である。演出も撮影も不明だが、貴重なフィルムの編集をしたのはエドモンド・ゴールドマン。製作はハーヴェイ・バーナード。製作はハーヴェイ・バーナード。日本語版解説はNHKの篠田英之介が担当した。

ストーリー

フィリピンを脱出したマッカーサー将軍が、ニューギニアの北端の飛石作戦を進め、フィリピンに上陸、日本軍を降伏させるまでの記録である。マッカーサーにとって、開戦第1日に空軍力を半減される爆撃をくい、フィリピンを脱出したことは最大の屈辱であった。本間雅晴中将は、駐英武官に赴任して英米の実力を知り、独伊同盟の危険に反対し、日支事変でも和平工作を実行する賢人だった。山下奉文大将も開戦前、独伊に軍事視察に訪れたが、結論として隠忍自重して軍備の近代化の先決を力説した。やがて山本五十六が連合艦隊司令長官に転出させられて、遂に東条英機の登場。そして、これらの将軍のもと、帰するが如く軍人は死んでいったのである。そして、日本の降伏、米軍の進駐とともに戦争犯罪者の裁判が開かれ、13階段を上り、銃殺されていった。世界最強の大和、武蔵、信濃をふくむ連合艦隊も潰滅し、生き残った若干の軍船40数隻の駆逐艦、潜水艦はその大部分が自沈させられた。ただ1隻のこった戦艦長門は、空母葛城、軽巡酒匂などとともに、ビキニ環礁の原爆実験のえじきとされたのであった。...

作品データ

原題 Pacific War
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 昭映フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi