最後の手榴弾
ホーム > 作品情報 > 映画「最後の手榴弾」
メニュー

最後の手榴弾

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

残虐な殺戮と非情な戦争行為が繰り返される戦場の中で、味方のイギリス軍を裏切り、共産ゲリラの首領となって戦友を次々と地獄の底に落とした非情なる若き兵士と、数多くの部下を彼に殺され、復讐の鬼となって執念深く追跡する少佐との宿命的な対決を描く。製作は「大泥棒」のジョセフ・シャフテル。監督に「キャサリン大帝」「汚れた7人」を演出した弱冠35歳のゴードン・フレミング。ジョン・シャーロックの原作「グリグスビー少佐の試練」を新人のケネス・ウォーが脚本化、撮影は「ジュリアス・シーザー(1969)」のケン・ヒギンズ、音楽をジョン・ダンクワース、美術は新人のトニー・プラットがそれぞれ担当。出演はハリウッドのアンチ・ヒーロー・スター、「USAブルース」のアレックス・コード、「ナバロンの要塞」のスタンリー・ベイカー、「マジック」のリチャード・アッテンボロー、「007ゴールドフィンガー」のオナー・ブラックマン、ローマ・オリンピックの短距離の金メダリストで黒人のラファー・ジョンソン。他に、アンドリュー・キアー、レイ・ブルックスなど。

ストーリー

共産ゲリラの猛攻に孤立したハリー・グリグスビー少佐(スタンリー・ベイカー)指揮下の香港北東部にある小基地に、撤退させるべく救援にきた部下トムソン(アレックス・コード)のヘリコプターが到着した。かけよる隊員に突然ヘリから重機銃掃射が始まり、グリグスビーの絶叫も空しく、みるまに小基地は全滅してしまった。金のため寝返ったトムソンの非情な殺戮であった。数週間後、奇跡的に助かったグリグスビーは復讐を心に秘め、胸のわずらいのため、ロンドンの結核療養所にいた。そこへ英国高官アダムスからトムソン率いるゲリラ掃討を命じられ、1万5千ドルの報償金でもう1人の生き残り、マッケンジー軍曹(アンドリュー・ケア)以下4人の戦争屋たちを雇い入れ香港へ向かった。そこに駐屯する香港司令官ホワイトリー将軍(リチャード・アッテンボロー)は、グリグスビー一行を「金で引き受けた戦争屋奴!」と蔑視するが、復讐心に燃えるグリグスビーは、難民たちの集落からゲリラ捜索を始めた。しかし、司令官の妻キャサリン(オナー・ブラックマン)に拒絶され、グリグスビーは黒人戦争屋ジャクソン(ラファー・ジョンソン)と組み、山中へ行動を開始する。谷深く踏み込んだ一行は、トムソンの待ち伏せにあい、ジャクソンは倒れ、グリグスビーは囚われの身となる。が、グリグスビーは執念で脱走を成功させた。復讐に失敗したグリグスビーは街の酒場で荒れ狂った。止めに入った司令部副官クールソン中尉(レイ・ブルックス)を殴打して逮捕されるが、クールソン中尉の計らいで釈放されたところへ、トムソンたちゲリラが武器補給のために移動中であるという知らせが入る。やっとの思いで侵入したゲリラたちの集落で、戻ってくるはずのゲリラを待つが失敗した上、グリグスビーは結核が再発して入院してしまう。そこへ思いがけずキャサリンが訪問。なぜか病に伏すグリグスビーに魅かれるキャサリンは、静養所に移転したグリグスビーを追い、高原で2人の心は溶け合い、激しい愛に2人は落ち込んでいった。グリグスビーの心は、毎日復讐心と愛の中で葛藤するが、遂に復讐心を捨て、キャサリンと2人の生活の中に入っていこうと決心する。残された軍曹たちも皆去っていった。だが、グリグスビーたちの幸せも束の間、残忍なトムソンは、キャサリンをも消そうと計画。夫と離別して、新しい生活を望むキャサリンと、それを承諾する将軍を乗せた車はトムソンによって襲撃され、キャサリンは死亡する。将軍から悲報を聞いたグリグスビーは、狂ったように外へ飛び出し、ひたすらトムスン目指し山岳地帯へ走った。そのグリグスビーめがけてトムソンたちの機銃は火を吹き、グリグスビーはあえなく倒れる。しかし、真っ赤な血に染まって倒れたグリグスビーの死体に勝利の笑みを浮かべて近づいたトムソンの顔が一瞬恐怖にひきつるとともに、グリグスビーの手に握られていた怨みの手榴弾は爆発した。...

作品データ

原題 The Last Grenade
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 松竹映配

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi