最後の一撃
ホーム > 作品情報 > 映画「最後の一撃」
メニュー

最後の一撃

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

リート・レニック・ブラウンの原作を、チャールズ・サーヴァーが脚色し、「物言わぬ北国より」などと同じくウィリアム・ウォーシントンの監督によったもの。主役はフランク・メイオで、相手役に「男対男(1922)」「黄金の洪水」などに出演のリリアン・リッチが出演する。

ストーリー

大学の拳闘選手であったトム・ハーバーは出征して毒瓦斯に肺を傷め、凱旋後もそのため病める妹と老母を抱え職を見い出せず窮乏の日を送っていた。ブランドンという拳闘家の支配人はトムの技量を認め試合に出場させようとして3カ月間静かな山の中で静養させる。トムはここでハリエットという恋人も得、身も心も健かに都へ帰ろうとした時、彼女に想いをかけていたフィリップ・ブランドが彼に喧嘩を売ろうとしたが、トムは医師の注意を用いて我慢し恥を耐えて帰って来た。やがてトムが晴れの試合の日が来て、彼は強敵モリシーを苦心の末に打倒した。かくて病める妹の手術の費用もでき、彼は山へハリエットを迎えに行きブランドを懲して都へ帰る。...

作品データ

原題 Afraid to Fight
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi