サアド・アラアム 警笛間を衝く
ホーム > 作品情報 > 映画「サアド・アラアム 警笛間を衝く」
メニュー

サアド・アラアム 警笛間を衝く

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

かつて1923年にF.B.O.社によって映画化されたことのあるエミリー・ジョンソンのスト-リーを当時と同じくエモリー・ジョンソンが監督したもので、フランセス・ハイランドとジャック・ナットフォードとが撮影台本執筆にあたり、マックス・デュポンがカメラを担任している。主なる主演者は「これぞ天国」「カナリヤ殺人事件」のジェームズ・ホール、「恋愛運動場」「少年軍兵士」のアニタ・ルイズ、「嵐に咲く花」「アビーの白薔薇」のジーン・ハーショルト、「悪魔の日曜日」「海の王者」のホバート・ボスウォース、メアリー・ドーラン嬢である。

ストーリー

ミリーとジョンの2人の孤児は消防署の名物親父モートンの男手ひとつで育てられていた。もう年頃になるミリーは乙女心に密かに消防署のダンを慕っていた。1日、モートンはダンと同じ所員のビューティーを晩餐に招いた。宴半ばに警鐘が乱打された。3人はやがて出火の現場に駆け付けた。火災はほどなく消されたがモートンは遂に帰らぬ人となってしまった。ダンとビューティーは、今はまったく寄る辺もなくなったミリーと4才になるジミーを引き取ろうと心を定めたが、法律は配偶者を持たない2人の若者に孤児の保護を許さなかった。万策尽きてミリーとジミーは孤児院に引き取られた。ダンとビューティーは、早く配偶者を見つけて2人を引き取ろうとあせった。常日頃ダンを想っているニータに、ダンは気づき彼女を訪れた。そして求婚した。もちろん、彼女は諾意を告げたがすぐに2人の母親になるということは彼女を何がなし不安にせしめた。ニータの所から帰ったダンは戸口にミリーとジミーが待っているのを見いだした。ダンは2人を叱る前にまずニータに引き合わせようとニータを呼んだ。折りから孤児院の訴えで警官が来た。ダンは警官に積みを問われるべく連れられた。やがて放還されて帰宅したダンがそこにニータの置き手紙を発見した。それにはミリーが彼を慕っていることが書かれてあった。ダンは初めて自分のミリーに対する愛が、子供に対するそれ以上であることを知った。突如、孤児院から火災が起こった。ダンの消防署は馬車ポンプを除いて総出動した。しかしダンは先刻の事件のため職務を停止させられていたので、現場にかけつけても徒に歯ぎしりするのみであった。悪魔のごとき火炎は、天使のごとき児童等を脅かした。ミリーとジミーは監禁室に危険に瀕した。今は停職の身を省みるの暇もなく、ダンは決然として猛火中に飛び込んだ。かくてミリーとジミーは事無きを得た。そしてダンとミリーはやがて教会の門をたたく身となった。...

作品データ

原題 The Third Alarm
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi