極楽二人組
ホーム > 作品情報 > 映画「極楽二人組」
メニュー

極楽二人組

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ホール・ローチ喜劇の二人組スタン・ローレルとオリヴァー・ハーディートの第1回長編喜劇で、ローチ喜劇専属に監督者で短編喜劇界の老練家ジェームズ・パーロットが監督しジャック・スティヴンスが撮影したもの。助演者は「マダム・サタン」のウィルフレッド・ルーカス、「マルタの鷹(1931)」のウォルター・ロング、「情熱の砂漠」のジューン・マーロウ及び「高速度娘」のジェームズ・フィンレイソン等である。ちなみにローレル及びハーディーが出演した長編映画には「悪漢の唄」「ハリウッド・レヴュー」がある。

ストーリー

背の低いローレルとデブのハーディーは大変な仲良しで、二人とも脳味噌の足らないところがあるとはいえ、稚気満満で愛すべき男だった。ある日ローレルは警官を電車の車掌だと思って酒を勧めたばっかりに、酒密売常習者と睨まれて有無を言わせず二人とも刑務所にぶち込まれた。ハーディーは自ら知恵者を以って任じているだけに色々と策をめぐらすが、ローレルは歯抜けでそのために色々厄を招いて、事をぶち壊すのが常だった。刑務所内でタイガーの一味は破獄を企てたが、失敗に終わってしまったが、頓間のローレルとハーディーには刑務所を抜けでる機会が与えられた。脱走した両人は黒人に変装して綿花採取に従事していたが、たまたま典獄とその娘を乗せた自動車が付近でパンクしたとき、ローレルはまたも失策を演じて二人の本体が暴露し、二人は刑務所に逆戻りしなければならなくなった。一度は破獄に失敗したタイガー一味もまたもや脱獄を敢行せんとした時、ローレルとハーディーは怪我の功名で彼等を鎮圧するという大手柄を樹てたので、二人はその功により放免されたのである。...

作品データ

原題 Pardon Us
製作年 1931年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi