合法の窃盗
ホーム > 作品情報 > 映画「合法の窃盗」
メニュー

合法の窃盗

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

サミュエル・シップマン原作の舞台劇に基づき、ジョン・リンチが脚色、「月の囁き」に続いてアラン・ドワンが監督した作品で、主役は「塵の明星」等主演のホープ・ハンプトン、「月の囁き」「血と砂(1922)」出演のニタ・ナルディ、「嵐に散る花」「グラムピー」等出演のコンラッド・ネーゲル、「風雪のゼンダ城」等出演のルー・コディという素晴らしい顔触れである。

ストーリー

アンドルー・ドーシーは妻マリオンがヨーロッパの旅行中ヴィヴィアン・ヘプバーンとガイ・ターローという男女の経営している大仕掛けな賭博場で多額の金を負けてしまった。彼にはそれを払うあてがなかったので、ヴィヴィアンの要求するままに自分の勤めている会社の名を小切手に書いて渡してしまう。帰宅したマリオンは夫が不在中無聊なるためにしでかしたこの不始末を聞いて驚いた。もしも小切手が発表されれば夫は牢へ入らねばならぬと知った時、マリオンは家庭の幸福を保つために奮然と立った。彼女は裕福な寡婦という触れ込みでヴィヴィアンの賭博場へ入り込んだ。彼女は遂にターローを巧みに魅して、金庫の中に収めてあった小切手を手に入れる。ヴィヴィアンはマリオンを盗人として牢に送ると脅し、夫の愛を盗むことは「合法の窃盗」であると嘯いたが、マリオンの機知は遂にヴィヴィアンをして退却するの余儀なきにいたらしめた。かくしてマリオンと夫との幸福は維持されたのであった。...

スタッフ

監督
脚色
ジョン・リンチ
原作
サミュエル・シップマン

キャスト

作品データ

原題 Lawful Larceny
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi