混血児(1922)
ホーム > 作品情報 > 映画「混血児(1922)」
メニュー

混血児(1922)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

オリヴァー・モロスコ氏の舞台劇から脚色したもので、C・A・テイラー氏が脚色及び監督をし、「神の国へ」「法の外(1921)」等出演のウィーラー・オークマン氏が主演したもので、相手役にはメアリー・アンダースン嬢が扮している。

ストーリー

インディアンと白人との間に生まれたデルマーは東部で教育を受けた後家畜借入の為に故郷のアリゾナへ帰って来た。彼はハンティントン判事の娘エヴェリンを恋したが、彼女は牧場主のロス・ケニオンから求婚されていた。ケニオンはデルマーの母の住む小屋は自分の所有地に在るからとて立ち退きを迫ったが、デルマーは之を判事に訴えた。判事は予てインディアンである彼等を嫌っていたので不利な宣告を与えたので、デルマーの内に潜んでいた野蛮な血は燃え上がって、仲間を語らい証拠書類を奪おうとし、仲間の1人は白人の1人を殺した。デルマーは其の土地を逃れる時ケニオンの息子と家畜を盗み、且つエヴェリンを誘拐しようとしたが失敗して、エヴェリンの友ドールと共にメキシコへ逃れた。...

作品データ

原題 The Half Breed
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi