子守唄(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「子守唄(1924)」
メニュー

子守唄(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

リリアン・デュシーの原作を、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンとが脚色し、「離婚」「雪靴の跡」等と同じくチェスター・ベネットが監督、ジェーン・ノヴァックが主演したもので、ノヴァックは二役を演出する。対手役は「君国の為に」「幸福」等出演のロバート・アンダーソンで「良人の危険時代」出演のクレオ・マディソンも出演する。母性愛高唱の映画である。

ストーリー

イタリアの移民トニーは妻のフェリパにピエトロがよこしまな思いを遂げようとするのを見て怒りのあまりピエトロを殺した。そのため彼は死刑を宣告され、フェリパも共犯者として20年の禁固に処せられる。フェリパは獄中でアントアネットという赤子を生んだが、赤子はかつてその父母を獄に送った判事で、今は知事となっているトーマス・エリオットに養われる事となる。20年の後出獄したフェリパは成人した我が子アントアネットに再会しエリオットのもとに住む事になった。...

作品データ

原題 The Lullaby
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi