木の葉落し
ホーム > 作品情報 > 映画「木の葉落し」
メニュー

木の葉落し

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ダグラス・マックリーン氏の独立第一回作品で、オットー・ハーバッハ氏とルイズ・ヒルシュ氏合作の喜歌劇とジェームズ・モントゴメリー氏原作の舞台劇「飛行家」とに基いたもので俳優として近頃売出しのレイモンド・グリフィス氏が脚色し、「スカラムーシュ」に出演し「女は真平(1924)」を監督したロイド・イングレアム氏が監督したもの。ダグラス・マックリーン氏の対手は「経験(1921)」「結婚前」等出演のマージョリー・ドウ嬢と「パリの魔窟」「恐怖の未来」等出演のエドナ・マーフィ嬢とである。

ストーリー

ロバート・ストリートは「大空高く」という小説を書いて飛行家の生活を描写したので実際には飛行機に就て何等経験(1921)のない彼を、世間では飛行機操縱の名手と誤解した。ロバートは飛行家を憧憬している乙女グレースに逢い、彼女を恋するようになってから、彼女の幻影を壊すまいと沈黙を守っていた。フランスの有名な飛行家ジュール・ガイヤールが自分の飛行機に乗ってやってきた。ジュールもグレースを恋していたので、ロバートの有力な恋敵が出現した譯で、彼は大いに発憤の必要を感じた。時も時、二人のどっちが飛行機操縱が巧いか競争させようという物好きが出て、ロバートは弱った。サムという牧師を頼んで一晩で操縱の大家になろうとしたが、ロバートは物覚が悪いので教師も手を引いた。愈々競争の当日、ロバートはグレースを失う位なら死を選ぼうと、決死的勇猛心を奮い起して空中へ飛び上った。痛快危険、哄笑。遂にロバートは墜落したが、芽出度くグレースの愛の腕に抱かれた。...

作品データ

原題 Going Up
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi