幸福は空から
ホーム > 作品情報 > 映画「幸福は空から」
メニュー

幸福は空から

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「アメリカの恐怖」「ミシシッピ」のジョーン・ベネットと「この三人」「マンハッタン夜話」のジョール・マクリーが主演する映画で、ルイス・R・フォスターが自らの原作を「不在証明なき犯罪」のドリス・マロイと「やりくり宝船」のアール・スネルと協力脚色し、「舗道の青春」「青春の抗議」のアルフレッド・E・グリーンが監督に当たり、「不在証明なき犯罪」のジョゼフ・ヴァレンタインが撮影した。助演者は「少年G戦線」のヘンリー・アーメック、「姫君海を渡る」のアリソン・スキップワース、「痴人の愛」のレギノルド・デニー、舞台から招かれたエライシャ・クック・ジュニア、「小牧師(1934)」のアンディー・クライド、ナット・ペンドルトン、ドナルド・ミーク等である。

ストーリー

ラリイ・スティヴンスは以前競馬優勝馬の持ち主であったが、今は落ちぶれていた。大晦日の夜、彼は夜会服を来て手に人参を持ち、たった1頭の所有馬「ヘクタース・バル」に会いに行った。この馬は食費未払いのため、石炭屋ジョンズイの小舎につながれていた。以前の騎手スキーターが今働いているレストランの窓から、ラリイにご馳走を与えるというので、彼が出かけていくと、ギャングのトニイが銀行から盗んだ札束を女共に振りまいていた。1人の女が怒って1000ドル札を破いて窓から投棄てたが、ラリイがその半分を拾い、後の半分を文無しの女ジュリア・ウェインが拾った。2人は札をつなぎ合わせレストランに入ってスキーターと3人で充分ご馳走にありついた。その夜彼らはラリイの部屋に泊まったが翌朝ラリイとスキーターは、銀行へその紙幣を両替に出かけた。銀行は両替をしてこっそり2人を刑事に尾行させた。ラリイは借金を払うとジュリアとスキーターを連れて石炭屋へ引き返し、来るべき競馬に自分の馬を出場させることにした。しかし持ち金は次第に少なくなるので、ジュリアは女優となり、馬には石炭車を挽かせて生活費を稼ぐ事にしたが失敗する。ヘクタース・パルに賭けた競馬ファンの中に元役者のアンソニイと銀行の出納係ベネットがいたが、彼らはその馬が石炭車を挽いているのを見て大いに驚いた。アンソニイはある演出家にジュリアを紹介してやった。演出家はラリイが彼女の後援を引き受けているものと思って彼女を主役に仕立てた。演出家は競馬の当日に成って、ラリイが芝居の後援者であることをジュリアに打ち明けた。しかし彼女はそれが不可能だと知っていたので、舞台を退く決心をしてジョンズイと共に競馬場に赴いた。場内では銀行破りのトニイ一味がラリイの身辺に迫っていた。そこへバーディ部長の指揮するGメンの1隊が来て、彼ら一味を包囲してしまう。競馬は万人の想像を裏切って、ヘクタース・パルが優勝し、お陰でラリイとジュリアは結婚する事が出来たのである。...

作品データ

原題 Two in a Crowd
製作年 1936年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi