荒原の死闘
ホーム > 作品情報 > 映画「荒原の死闘」
メニュー

荒原の死闘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリアム・モスが製作、新進フィル・カールスンが監督に当たった1949年テクニカラー映画。モートン・グラント原作を彼自身とドロシー・ヨースト(「高原の白馬」)が共同脚色し、撮影はハワード・グリーン(「ジャングル・ブック」)作曲はポール・ソーテル(「ネヴァダ男」)の担当。主演は「高原の夕焼」のロン・マッカリスターとペギー・アン・ガーナーで、プレストン・フォスター(「高原の白馬」)、フォレスト・タッカー、アーヴィング・ベーコン(「ママの新婚旅行」)らが助演。

ストーリー

都会育ちの子ダニー(ロン・マッカリスター)は仕事をみつけに南ユタ山地にあるナメシ皮工場にやって来たが、工場は破産しかかっていた。この土地の射撃の名人トム・エドガー(プレストン・フォスター)はかつて、ダニーの母に求婚して、彼女の弟ギル(フォレスト・タッカー)にさまたげられ二人の間には血まで見たことがあるが、ダニーの身の上を知って引き取ろうとした。過去のいきさつを知っている農場主マット(アーヴィング・ベーコン)はトラブルが起きるのではないかと心配したが、はたしてギルもダニーに一緒に住まないかと持ちかけ、トムと喧嘩を起したダニーはマットの娘ドリス(ペギー・アン・ガーナー)と仲良く暮らす一方、トムは山地に出没するビック・キャットと呼ばれる兇獣を求めて歩いていたが、ある日ダニーがトムの銃を森の中に置き忘れた時、兇獣はトムを襲って彼を殺害した。自責の念にかられたダニーは、獣のあとをつけてついにこれを銃殺し、ドリスを妻とするため山を下りることになった。...

作品データ

原題 The Big Cat
製作年 1949年
製作国 アメリカ
配給 松竹洋画部

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi