恋の行末
ホーム > 作品情報 > 映画「恋の行末」
メニュー

恋の行末

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「上海夜話」「悩める灯台」に次ぐメアリー・ノーラン嬢主演映 画で、ウィリアム・R・ドイル氏作の舞台劇「カーニバル」に基づいて前記2映画の脚色者ウィニフレッド・リーヴ女史と「娘喜べ水兵上陸」「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏とが脚色並びに台詞を担当し、「タランガ」のルイス・D・コリンズ氏が監督し、「ネル・ギン」「ロモラ」のロイ・オヴァボー氏が撮影した。助演者は「最敬礼」「コケット」のウィリアム・ジャニー氏、「アリバイ」「ファジィ」のメイ・ブッシュ嬢、ラルフ・ハロルド氏、ジョージ・アーヴィング氏及びクレア・マクドウェル嬢である。

ストーリー

安っぽい見世物のダンサーをしているヘレン・ハーバートは味気ない生活を嫌い、ダンサー仲間のメイに早くこの社会から抜け出したいとこぼした。メイはいったんこの社会に入った者は到底世間の仲間入りはできないと忠告したがある時ヘレンは親方のブラッキーの油断を見すまして小屋を逃げ出し当て所もなく歩き始めた。行き合わせたのが休暇で帰省しようとする大学生のボビー・スペンサーで、彼は親切に自分の自動車で停車場に送ってやろうとしたが話を聞くとまるっきり当てがないとの事でアパートメントを借りてやった。ヘレンに恋したボビーは毎日のように訪ねて来ては結婚を申し込んだが、自分の暗い過去を思えば青年の乞いを容れることはヘレンにはできなかった。ヘレンの行方を突き止めたブラッキーが戻ってくるように頼んだ時、彼女は恋人を得たから帰るのは嫌だといった。次にダンサーたちが訪ねて来た時ボビーが来合わせヘレンの友達が野卑であるのに眉を曇らせたが、ヘレンの告白を聞くとボビーは尚更結婚を主張するのだった。そこにブラッキーが酔っ払って来てヘレンは俺の情婦だといったのでボビーは彼を投げ出した。そして明日結婚しようと彼はヘレンに申し渡した。この結婚はボビーの家庭を不和にし、また彼の前途を誤るに相違ないと悟ったヘレンは黙ってブラッキーの許に帰ってしまった。ボビーは跡を追って来たがヘレンは姿を見せなかった。その代わりにボビーの父と会って父が結婚に反対であると聞いたヘレンは、軽気球からパラシュートで飛び降りる冒険軽業を自ら引き受け故意にパラシュートが開かないようにして1000フィートの高空から飛び降りた。...

作品データ

原題 Young Desire
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi