恋に税金はかからない
ホーム > 作品情報 > 映画「恋に税金はかからない」
メニュー

恋に税金はかからない

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

H・E・ベイツの小説『5月の可愛い蕾』の映画化。脚色はウィリアム・ロバーツ。スタッフは「それはキッスで始まった」のコンビで、監督はジョージ・マーシャル、撮影がロバート・ブロナー、音楽をジェフ・アレクサンダーが担当。出演は「それはキッスで始まった」のデビー・レイノルズ、「夜を楽しく」のトニー・ランドール、ポール・ダグラスら。製作フィリップ・バリー・ジュニア。

ストーリー

アメリカのメインランドに住む農場主ポップ・ラーキン(ポール・ダグラス)は子沢山の楽天家、浮世で彼を煩わせる物は1つとしてない。隣のバーンショウにはラーキン家の何から何までが目障りの種。ラーキン家をこの土地から追放せんと、たまたまポップが自家の雌豚のためにバーンショウ家の雄豚を失敬したのを潮に訴えた。驚いたことにラーキン家ではまだ1度も所得税を払ったことがないことが判明した。バーンショウは早速国税庁に訴えた。ロレンゾ・チャールトン(トニー・ランドール)なる青年が調査を始めたが、税金なるものの理解の一切ないラーキン家には全く手を焼いた。引き上げようとすると、いたずら小僧のリーが車のエンジンをはずしてしまった。やむなくラーキン家で一夜を明かしたが、おてんば娘のマリエット(デビー・レイノルズ)と仲良くなれたのは収穫だった。ただし税金に関しては父親同様無分別である。証拠品はないかと古いトランクをひっかき回すと、1863年の1枚の書類、南北戦争当時1北軍将軍が同家に残した馬の買い付け証文が出てきた。年1割の複利で当時1500ドル政府に貸したわけである。一方チャールトンに業をにやした国税庁は上司オリバー・ケルシイを新しく派遣した。そして滞納5万ドルという数字が出た。ポップは仰天した。農場を売るよりほかにないからだ。マリエットは96年前の代金借用証文を持ってチャールトンの元へ駆け付けた。ワシントンへ急行、2人はやっと財務長官を捕まえた。農場では切羽詰まったポップがバーンショウに土地を売り渡そうとした一瞬、マリエットとチャールトンが財務省の役人と飛び込んで来た。メッセージは……『96年前の証文は有効。ラーキンは政府に5万ドルの納入の義務あり。また政府は彼に馬の購入代金として利息とも1400万ドル支払うものとする。』ポップは5万ドルの差し引き分は将来の税金に取っておいてくれと申し出た。マリエットとチャールトンは長い抱擁をかわした。...

作品データ

原題 The Mating Game
製作年 1959年
製作国 アメリカ
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi