エル・スールのレビュー・感想・評価

メニュー

エル・スール

劇場公開日 2017年3月25日
6件を表示 映画レビューを書く

どこか秘密めいた父親に関する追想

とても魅力的で穏やかだが、何処か謎めいた父親についての少女の回想という形式で映画は進んでいく。牧歌的で優しく、少し不思議な美しい日常の中に、明確には出てこないのだが、スペイン内戦のゴタゴタから逃げてきた夫婦であることを匂わせて、仄かに不穏な気配が漂う。少女は少しづつ、父親が本当はここではないどこかに心を向けてしまっていることに気付き始め、何気ないが決定的な場面の後、冒頭の少女の涙の意味がわかるようになっている。ミツバチのささやきもそうだが、穏やかさと不穏さが素晴らしいバランスで両立していてとても印象的な映画だった。あと父親役のオメロ・アントヌッティがすごくチャーミングだった。

P.P
P.Pさん / 2017年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

回想録

渋谷ユーロスペースで映画 「エル・スール」を観てきた。

子供の頃、スペイン北部に住んでいた女性の少女時代の回想録で父の形見となる振り子を見つめるシーンから回想録が始まり、振り子を見つめ直すシーンで回想録が終わる。

人里離れた自然豊かな家に住んでいた屋根の白いカモメの風見鶏は、常に南を向いていたと云う。主人公の慎ましいながらも何不自由なく幸せに暮らす事が出来た幼少期。小さな家族、小さな幸せ、小さな出来事、好きだった父。冬の色褪せた雪景色。少女から大人へ。父との惜別。エルスールとはスペイン語で南という意味だと云う。

南への憧れ。スペイン北部の色褪せた雪景色は富山の枯れた故郷の冬景色に似ていた。

30年程前、自分が東京の大学生だった頃、ミニシアターブームの走りで、今は亡くなった六本木の映画館で上映されていたと思う。観に行こうと思いながらも見に行けなかった映画だった。

映画の最後のシーンで父の形見の振り子が机のケースに仕舞われて、時間が止まり、主人公は南へ旅立つ。30年後に、この映画を観る自分が居るのだが、自分も幼少期を想い出す事が多くなっていた。

30年前に映画を観ても考えなかったと思うが、幼少期の想い出は、大事なもので、意識しなくても心の片隅にきちんと仕舞われていて、忘れる事はないのかもしれない。

ソラリス
ソラリスさん / 2017年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

少女は成長して“女”になりつつある ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【ファーストシーン】
画面は真っ暗だ。微かに時計の時を刻む音が聞こえ、小鳥のさえずる声も聞こえて来る。
やがて少しずつ画面に光が入って来ると、どうやらベッドらしきモノが確認出来る。
すると突然犬が吠え始める。

「アグスティン!」

母親の慌てる声が響く。
《フェードアウト》

《フェード・イン》
ゆっくりと部屋に朝陽が挿し始める。ベッドには主人公であるエストレリャが寝ていたが、彼女にはもう父親は戻って来ないのを、枕もとに父親が置いていった振り子から感じる。
部屋の明るさは増し、窓辺から挿す光で部屋の内部が完全に見える。
振り子を見つめながらベッドの縁に佇むエストレリャ。

まるでフェルメールの絵画が動いているかの様な美しさに溢れている。

これで何度目だろう。特集上映から、正式上映。名画座、深夜のテレビ放送、ビデオ鑑賞を含めて7度目かそれとも8度目か。

この映画は主人公であるエストレリャのナレーションに沿って父親の思い出が語られる。
冒頭から引き続き、父親による振り子のマジックを語るまだ幼いエストレリャ。父親の部屋で振り子の振り方を習い、水脈を当てる父親。
この時にスカートを広げコインを受け取る。
この場面ではミレーの絵画の構図を思い浮かべさせる。(確か公開当時はジョン・フォードの『わが谷は緑なりき』との類似性の指摘があったと記憶している)

続いてのナレーション場面は初聖体拝受の前日。父親が棄てた“南”から祖母と父親の乳母がやって来る。
ここまでのナレーションは、父親の振り子も、祖母と乳母ミラグロスも、どんな人かを観客に知らせる為のナレーションになっている。

エストレリャは父親には“南”を棄てなければならなかった秘密があるのをミラグロスから教わり、同時に“南”を身近に感じ、ミラグロスと長年に渡り連絡を取り合う。

「来てくれるかなあ」とエストレリャ。
元来は教会には来ない父親。ミラグロスと交わした会話からスペイン内戦によるフランコ政権化から、父親は“南”から追われ、まだ見ぬ祖父との確執を知る。
肉親・知人・隣人が憎しみ殺し合ったスペイン内戦。北に住む幼いエストレリャにはまだよく理解出来ない。

初聖体拝受当日。教会には来ないかも知れない父親に、着飾った自分を見て貰いたいから走るエストレリャ。父親が放つ空気を切り裂く銃砲の音。
ハッとするエストレリャの顔にオーバーラップで教会の場面が被さる。

教会の隅から見守っていた父親が表れる。
この時のオメロ・アントヌッテイの登場場面がどこかレンブラントの絵画を見る様だった。
駆け寄るエストレリャは白い衣装からドガが好んで描いた少女の絵画の様です。

この教会の場面は計3回オーバーラップがあり、3回目が家族のパーティーシーンで、椅子に掛けられた白い衣装に被さる。
父親とダンスを踊るエストレリャ。
やや下から映される美しいこの場面に流れる音楽は、ラスト近くのレストランで父娘が最後に会う場面に繋がる。

そして遂にエストレリャは父親の秘密を知ってしまう。
ここからエストレリャは少しずつ少女から女の子へ。そして女の子から女へゆっくりと成長して行く事になる。

父親が“南”から大事にして来たイレーネ・リオスとゆう女性の存在。
そのイレーネ・リオスをエストレリャは知ってしまう。

映画館で父親が観ている映画にイレーネ・リオスとゆう女優が出演していた。

この辺りからエストレリャのナレーションによって展開される回想映画で在りながら、父親の目線でもストーリーが展開され始め映画として違和感が出て来る。

父親は映画を観た興奮からか思わずカフェで元恋人へ手紙をしたためる。この時と、その後の返事は明らかに回想映画としては有り得ない。しかしこの手紙を書いている時に父親を見つけたエストレリャは窓越しに父親と眼と眼を見つめ合う。
有り得ないのだが、回想者であるエストレリャが画面上に映っている為に違和感は薄れている。
それより何よりも、この窓越しの場面の何とゆう美しさだろうか。
構図的にはマネの絵画を想像してしまいます。

観方によっては、父親の秘密を知った少女が初めて女への一歩を歩んだ瞬間だったのかも知れません。

続く手紙の返事を父親が読む場面はどうだろう。

ここにはエストレリャは居ない。この後で父親と 母親がなじりあっているのを聞くエストレリャ。以前何も考えずに母親に「イレーネ・リオスって誰?」と聞いてしまった事が原因なのかと自分で勝手に決め込み、映画館で貰ったチラシを燃やす。
この場面こそが少女が女として成長して行く過程の様な気がします。
その前にも父親と母親は一度なじりあう会話が聞こえていたが、今回は自分の責任を感じているエストレリャ。
そう考えるとイレーネ・リオスの手紙の返事の場面は、そんなエストレリャの気持ちを強調する為に必要かも知れないと、今回初めて少し感じた。
現にこの後エストレリャは女としての嫉妬心を露わにする場面が在る。
またしても家を出る父親。涼しい顔をして帰って来た父親に対して抗議する様にエストレリャもその存在を消そうとする。

沈黙には沈黙で返す父親。

この場面の“沈黙ゲーム”こそは、男と女の嫉妬と裏切り、確執のぶつかり合い・せめぎ合いに他ならず、またナレーション無くしては観客には「一体何がどうして、どうなっているんだ!」と疑問を抱かせてしまう場面です。

そしていつしかエストレリャは少女から女の子へと成長する。
この時に映画史上大変に美しい時間経過を観客に知らせる名場面がある。

自転車を漕ぎ“国境”を画面奥まで進むエストレリャ。追い掛ける犬のオーバーラップ。

枯れ葉が“国境”一面に舞い広がっている。“国境”の画面奥から成長したエストレリャが帰って来る。犬は大きくなっている。

何とシンプルでいて深みの在る場面であろうか。
実に素晴らしい!

そして、いつしか少女から女の子に成長したエストレリャにとって父親の存在は少しばかり疎ましい存在となっていた。
ラスト間近レストランで親しい男の子との関係を聞かれ、露骨に気分を害すエストレリャに最早少女としての面影は無い。
少女は成長して“女”になりつつあるのだ。

やがて“あの時”の「エン・エル・ムンド」の調べが聞こえて来る。

「覚えてる?」と父親。

父親の思いは決まっていた。
それを理解出来ず、今となっては父親が残っていった振り子を見つめ直しては、あの時の父親の残した言葉の真意が測りかねて、後悔の念に駆られるエストレリャ。

だからこそ父親が残していった“南”からの“想い出”をバッグに詰めるエストレリャ。
今まさに彼女は“南”を知ろうとする。

ラストシーンで、カメラ越しにスクリーンを見つめている観客に対して、1人の女として鋭い眼光で見つめ返すエストレリャ。

監督のビクトル・エリセはインタビューに対してこう答えている。

「『エル・スール』は未完の作品です。」
何でも経済的な理由から撮影が中断してしまい、その後の撮影が困難になってしまったのだとか。
肝心な“南”が描かけなかったのもその、理由だと…。

でもMr.エリセ。

私はこれで充分に名作だと思います。
何度も何度も観る度に感じます。
今日で確信は更に深まりました。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しすぎる映画

『ミツバチのささやき』は、私にとって「完璧」と呼べる映画でした。そしてこの『エル・スール』もまた「完璧」に近いものだったです。あまり映画で美しさを追求したものは好きではないのですが、ビクトル・エリセは別です。美しく、かつ情動が画面に漲っています。なぜ美しく撮るのか、その美しさの根拠がしっかりと備わっていると感じるんです。
素晴らしい映画でした。

チャーリー
チャーリーさん / 2014年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

南の映像も観たかった

鬱々とした北国のイメージと共に物静かな家族の物語が淡々と進んで行く。
少女エストレヤの純粋無垢さが救い。
不意に終わってしまって何だよっていいながら観続けたかった。
撮影が中断したんだね。
南のエピソードが観たかったな。

ともきち
ともきちさん / 2013年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過去の心の傷が静寂な雰囲気の中で描かれる

総合:70点
ストーリー: 65
キャスト: 75
演出: 80
ビジュアル: 75
音楽: 70

 独特の静けさと孤独と寂しさが全体に漂う。背景は美しいが、それはいつも冬の空気のように冷たい。その中で人々の、特に父親の心にある過去の傷が少女の目からぼんやりと描かれる。同じビクトル・エリセ監督の前作「ミツバチのささやき」と似た雰囲気だが、前作は中盤まで日常生活の描写に殆どの時間が割かれて、物語がはっきりせずに少々不満が残った。今作は純文学的な雰囲気や映像美だけでなく、物語が時系列的に動いていくだけ面白くなっており、より映画として完成されている。
 ただし最後はどうにも途中で途切れた印象が強い。いくつもの謎が残され(それはそれでもいいのだが)、少女の体調と心の問題も残されたままに唐突に物語は終了してしまう。本当は南に行っていろいろなことが起きる脚本があったらしいという噂もあり、この中途半端な終わり方の理由に納得するが、同時にこのあたりは実に惜しいところだった。それがなければもっと得点をつけられた。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi