原爆下のアメリカ
ホーム > 作品情報 > 映画「原爆下のアメリカ」
メニュー

原爆下のアメリカ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アルバート・ザグスミスと「独裁者の最後」のロバート・スミスが製作する空想映画1952年度作品で、ロバート・スミスとフランツ・スペンサアの原案からスミスが脚色、「ジョルスン物語」のアルフレッド・E・グリーンが監督する。撮影はジョン・L・ラッセル、音楽はアルバート・グラッサーの担当。出演者は「探偵物語」のジェラルド・モア、「海の無法者」のペギー・キャッスル以下、ダン・オハーリー、ロバート・ヴァイス、トム・ケネディーら。

ストーリー

ニューヨークのとあるスタンド・バー。TV放送記者ヴィンス(ジェラルド・モア)、トラクラア製造業者シルヴェスタア(ロバート・ヴァイス)、牧場主マルヴォリイ(E・ブライス)、孤立主義の上院議員オーマン(ダン・オハーリー)、若いカーラ(ペギー・キャッスル)らは、戦争の脅威を訴えるテレビ放送をかこんでいたが、誰1人関心をもつものはなかった。と、突然アラスカ大陸大空襲のニュースが飛び込んで来、ついで敵が米本土に侵攻したという報せが入った。この事態に驚いた彼らはあわてて故郷や職場へ戻ろうとしたが、敵はサンフランシスコ、シアトルからビールダー・ダムまで空襲、家族らの元に到着したマルヴォリイは濁流にのまれた。議員オーマンはワシントン空襲により帰着早々落命した。いよいよ敵のニューヨーク攻撃がはじまり、原爆は一瞬にしてこの大都市を破壊、奇蹟的に助かったヴィンスとカーラも敵兵に殺されてしまった。-―しかし、これはすべて予言者と自称するオーマンの催眠術による白日夢であった。テレビはまだ先ほどの解説を続けていたが、このバーの人たちは改めて戦争の悲惨さを知り、これをなくすため全力をつくすことを誓った。...

作品データ

原題 Invasion, U.S.A.
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア日本支社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi