嫌疑者
ホーム > 作品情報 > 映画「嫌疑者」
メニュー

嫌疑者

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「女難アパート」「麦畑を奪うもの」と同じくラルフ・マーフィーが監督したチャールズ・R・ロジャースの作品で、ヴィエラ・キャスパリイ戸ブルース・マニングが共作し、「紐育の仇討ち」「七万人の目撃者」のギャレット・フォートが脚色に当たった。出演者は「駄法螺男爵」「やりくり客船」のザス・ピッツ、「七万人の目撃者」「宿命の窓」のフィリップス・ホームス、「ビール万歳」「月の宮殿」のメアリーブライアンを始め、「唄へ!踊れ!(1933)」のネッド・スパークス、「めりけん音頭」の故ルー・コディ、ジューン・ブルースター、チャールズ・セロン、オリーヴ・チル等で、撮影は「めりけん音頭」「麦畑を奪うもの」のミルトン・クラスナーの担当である。

ストーリー

B・J・ソマースはある住宅会社の社長だった。多数の投資者によって設立され、すぐに事業に着手されなければならないのだが、資金を別途に投資してしまったため、投資者達に詰問され、窮地に陥った。彼は親友のオーリントンに救助を求めたが、それも不成功に終わり、明朝までに資金の調達が出来なければ告発される羽目になった。ついに、彼は意中をクリフ・バリイに打ち明け、資金調達に失敗したときには自殺するから、それを他殺と見せ掛け、自分の生命保険金20万円を得て、それを投資者に償いをしてくれと頼んだ。その夜、ソマースの娘フランは、父の相談相手であり、自分の許嫁であるクリフとクラブに行き、父が後からくるのを待ち受けていた。一方父のソマースは資金調達ついに成らず、自殺をしようとしている所へ、恋人のデボラが訪れてきて、自殺を思い止まり、駆け落ちしようと迫った。クラブにいるクリフのもとへソマースから電話が掛かってきたが、その電話が不安なものだったので、ソマースの事務所にかけつけてみると、彼は既に死んでいた。そこでクリフは屍に他殺を装わせた。この計画をフランに知らせるに忍びず、その夜は自分の事務所に泊まった。翌朝ソマースの屍を発見したのは、父の事務所を訪れた娘のフランだった。探偵リアドンは何者からかの電報によって早速かけつけ、丁度来合していた保険会社員や所内の事務員らを全部尋問したが、いずれも各々の都合から容易に真実が掴めなかった。諸種の事情から、クリフに嫌疑がかけられたが、その事前夜のデボラが再び現れ、彼女がソマースに自殺を思い止まらしていた時、何者かが入り込んで来てソマースを射殺したのだと告白した。その犯人とはだれ?...

作品データ

原題 Private Scandal
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi