決闘請負業
ホーム > 作品情報 > 映画「決闘請負業」
メニュー

決闘請負業

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「グリフィスの婚礼屋」「吃驚仰天」「ペンキ塗り立て」等と同じくレイモンド・グリフィス氏主演喜劇で、アルフレッド・サヴォア氏作の喜劇に基づいてピエール・コリングス氏が脚色し、「猿飛カンター」「暗の小路」等と同じくフランク・タトル氏が監督したもの。相手女優は新進のロシア系美人ヴェラ・ヴォロニナ嬢で「男装女剣客」「錯覚恋愛」等出演のウィリアム・パウエル氏が適役を演じ、ジョセフ・スウィッカード氏も出演している。

ストーリー

レイモンド・カザヌオヴァというパリ児は金も地位もあったが恋が無かったので世をはかなみパリの町端れの橋から投身しようとして誤って橋下の小舟に飛び込みエルヴィルという美しい娘と知り合いになった。彼女の父は娘をダドー侯爵に嫁がせる筈だったが彼女は侯爵を好まなかった。元来ダドー侯爵の先祖は闘士として有名だったがそれは臣下にカザヌオヴァ家なるものがあって代々忠勤をはげんだためであった。斯くレイモンドの先祖は侯爵の臣下だったがフランス共和国の今日に於いては単なる友達同士だった。ダドー侯爵は嫉妬深い男だった。彼はエルヴィルの崇拝者たちや従兄弟等に対してさえも彼女のことから決闘を申し込んだ位だった。しかしその都度自分では勝負を争う元気がなくて何時もレイモンドに代わって決闘して貰った。しかし今度はそのレイモンドが恋仇だったのでダドー侯爵も自ら彼と決闘場に相まみゆるの他なかった。が侯爵には相手を負かすだけの自信は無かった。そこで侯爵はレイモンドに泣きを入れて表面彼に死んでしまったことにして貰おうと虫の良いことを考えついた。頼まれていやと言えぬ性分のレイモンドは一応承諾したものの、余りにも卑怯な侯爵の振る舞いを腹に据えかねて、結婚式場からエルヴィルを奪って逃げ出した。そして途中誤って空中防備隊の標的たる気球の籠の中に飛び込んで昇騰したため、さんざんに砲弾を浴びて墜落した。しかも墜落したところが牧師の家だったのでレイモンドとエルヴィルとは目出度く結婚することが出来たのである。...

キャスト

作品データ

原題 Time To Love
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi