結婚の誠
ホーム > 作品情報 > 映画「結婚の誠」
メニュー

結婚の誠

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

カーライル・ブラックウェル氏とジューン・エルヴィッジ嬢の共演になった人情劇で、監督のアーサー・アシュレー氏が悪役を演じている。クレイ・マントレー氏の原作。17年時代の古いウァールド映画である。

ストーリー

ヘレン・グラントは父の財産窮乏を救うために、人格の下劣なスペイドンと結婚したがその甲斐なく父は自殺してしまった。富豪フォクソールも彼女に眼をつけていたが、彼女がスペイドンの賤しい金銭の束縛から経済上の独立を計る目的で金策を彼に依頼したのを幸いに、フォクソールは彼女に挑んだ。彼女は己が放った1弾は彼を斃したと思ったが、実は彼は死を装ったのであって実際上の犯人は後から彼女をおってきたスペイドンであった。しかるに昔から彼女を恋していた青年マーローが彼女にある用件を帯びて現場に居合わせたため、濡れ衣を着せられたがある証人が出て、スペイドンは自殺し、マーローの手にヘレンは初めて抱かれることとなった。...

作品データ

原題 Marriage Market
製作年 1917年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi